トップガン マーヴェリック』のマイルズ・テラー主演で歴史的傑作『ゴッドファーザー』誕生までの大波乱の舞台裏を描く『ジ・オファー/ゴッドファーザーに賭けた男』(11月より「BS10 スターチャンネル」にてTV初放送)の最新インタビュー映像&予告編が解禁された。

「マイルズが演じてくれて本当に光栄だ」

『ジ・オファー/ゴッドファーザーに賭けた男』(全10話)は、アカデミー賞作品賞を受賞し、公開後50年を経ても未だに根強い人気を誇る1972年の映画『ゴッドファーザー』の製作を仕切った、映画業界に転職したばかりの駆け出し新米プロデューサー、アルバート・S・ラディを中心とした製作の裏側を描いた大作ドラマ。

今では歴史的傑作となった『ゴッドファーザー』だが、実は完成に至るまでには社内からの大反対、本物のマフィアからの妨害、キャスティングの難航、予算の異例の少なさなど、本編さながらの大波乱が巻き起こっていた。難題に次ぐ難題を乗り越え、いかにして歴史的傑作は誕生したのか、この映画に賭けた人々の映画愛溢れる波乱万丈のドラマが繰り広げられる。

主人公アルバートを演じるのは『セッション』で一躍注目を浴び、最近では世界的大ヒット作『トップガン マーヴェリック』の主人公の亡き親友の息子ルースター役を好演したマイルズ・テラー。そのほか、マシュー・グードやダン・フォグラーなど実力派キャストたちが脇を固める。

ついに11月の放送直前となり、本作の主人公アルバート・S・ラディ役マイルズ・テラーらキャストや本作の製作総指揮を務めるアルバート・S・ラディ本人のインタビュー映像が到着した。

本作は、映画史上最も輝く作品を製作する上で、プロデューサーのアルバートが経験した驚くような出来事が描かれる。映画のプロデューサーとは映画製作の上でどんな役割を担っているのか、アルバートは「プロデューサーは何でもする。撮影現場で起こること全てに責任がある」と説明する。また史上最悪の製作過程を描くことは、「映画製作者への恋文だ」と語る脚本・企画のマイケル・トルキン。

もの凄い意欲と情熱をもって前例のない方法を取り製作するアルバートについて、「見事なはみ出し者の物語」と監督・製作総指揮のデクスター・フレッチャーは語る。「それが彼を唯一無二の存在にした理由」だと語るのは、アルバートを演じたマイルズ・テラー。その意欲や情熱についてアルバート本人は「ただ実現させるのではなく、強い意志を持って臨むべき。“これが人生最後の仕事だ”という気持ちが必要だ」を持論を語った。

またアルバートは、自分を演じたマイルズ・テラーについて「そっくりそのまま私を演じる役者は必要ない。必要なのは自身の才能を使い彼らなりの要素を加えられる役者。マイルズが演じてくれて本当に光栄だ」を賛辞を贈っている。

また、本予告編映像も公開。難題に次ぐ難題が次から次へと勃発する『ゴッドファーザー』製作現場の裏側を奔走するプロデューサーのアルバートと、製作を阻止しようとたくらむマフィアの衝突が描かれる。果たして歴史的名作はどんな産声を上げるのか? 期待が高まる本予告編に仕上がっている。

作品情報

ジ・オファー/ゴッドファーザーに賭けた男
(全10話)

【STAR1 字幕版】 11月7日(月)より 毎週月曜23:00~ほか
※11月5日(土)14:15~吹替版 第1話 無料放送
【STAR3 吹替版】 11月9日(水)より 毎週水曜22:00~ほか

STORY
映画を製作する夢を叶えるため、パラマウント・ピクチャーズへ転職した新米プロデューサーのアルバート・S・ラディ。彼は上司のヒットメーカー、ロバート・エヴァンスからヒット中の小説「ゴッドファーザー」映画化のプロデューサーを任される。だがその頃、「ゴッドファーザー」の内容に不満を持つイタリア系移民のマフィアたちが映画化の阻止を目論んでいた…。

【企画/製作総指揮/脚本】マイケル・トルキン(『ザ・プレイヤー』『ディープ・インパクト』)
【製作総指揮】アルバート・S・ラディ(『ゴッドファーザー』シリーズ)、マイルズ・テラーほか
【監督】デクスター・フレッチャー(『ロケットマン』『ボヘミアン・ラプソディ』)ほか
【出演】マイルズ・テラー(『トップガン マーヴェリック』『セッション』)
マシュー・グード(『キングスマン:ファースト・エージェント』『ダウントン・アビー』)
ダン・フォグラー(『ファンタスティック・ビースト』シリーズ)
パトリック・ギャロ、ジュノー・テンプル、ジョヴァンニ・リビシ、バーン・ゴーマンほか

© 2022 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事