第74回カンヌ国際映画祭グランプリをはじめ世界中で17冠の快挙を達成した『Hytti nro 6(原題)/英題:Compartment Number 6』が邦題『コンパートメントNo.6』として2023年2月10日(金)より新宿シネマカリテほか全国にて順次公開されることが決定した。あわせて本ポスタービジュアルが解禁となった。

最悪の出会いではじまる最愛の旅

本作は2021年カンヌ国際映画祭でグランプリに輝き、アカデミー賞®国際長編映画賞フィンランド代表選出、ゴールデングローブ賞ノミネート、フィンランド・アカデミー賞と言われるユッシ賞で7冠ほか世界中の映画賞を席巻するなど、同じ北欧勢の『わたしは最悪。』とも賞レースを競り合った話題作。

恋人にドタキャンされ世界最北端の駅へ向かう寝台列車に一人で乗り込んだ学生ラウラが、6号コンパートメントで乗り合わせたのは粗野な炭鉱夫のリョーハだった——。最悪の出会いではじまる最愛の旅を、偉大なるフィンランド映画の先駆者アキ・カウリスマキを思い起こさせるメランコリーとオフビートなユーモアを交えて描く。

本作を手掛け、“カウリスマキ監督に続くフィンランドの新たな才能”と絶賛されるのは俊英ユホ・クオスマネン。長編デビュー作『オリ・マキの人生で最も幸せな日』(2020年日本公開)でカンヌ国際映画祭ある視点部門グランプリを受賞し、輝かしく監督デビュー。ロサ・リクソムの同名小説を原案にした本作で監督第2作にしてカンヌ国際映画祭グランプリを堂々獲得。更にはフィンランド・アカデミー賞と言われるユッシ賞で作品賞・監督賞・主演女優賞など7冠を制した。

日常から切り離され列車に揺られる時間、言葉の通じない相手との心の交流、旅で得る出会いが人生を変えていくこと。旅に出る素晴らしさを実感させる、今こそ必見の本作。

公開決定にあわせて解禁された日本版ポスタービジュアルでは「空回りするわたしを捨てて、列車に乗った——」というキャッチコピーとともに舞台となる寝台列車内の光景が切り取られている。

作品情報

コンパートメントNo.6
2023年2月10日(金)、新宿シネマカリテほか全国順次公開

監督・脚本:ユホ・クオスマネン『オリ・マキの人生で最も幸せな日』
原作:ロサ・リクソム フィンランディア文学賞受賞「Compartment No.6」
出演:セイディ・ハーラ/ユーリー・ボリソフ/ディナーラ・ドルカーロワ(『動くな、死ね、甦れ!』)/ユリア・アウグ
2021年/フィンランド=ロシア=エストニア=ドイツ/ロシア語、フィンランド語/107分/カラー/シネスコサイズ/原題:Hytti nro 6 英題:Compartment Number 6/映倫区分:G/後援:フィンランド大使館/配給:アット エンタテインメント

© 2021 - Sami_Kuokkanen, AAMU FILM COMPANY
© 2021 - AAMU FILM COMPANY, ACHTUNG PANDA!, AMRION PRODUCTION, CTB FILM PRODUCTION

公式サイト comp6film.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事