劇場では未公開だったライブ・エイドのステージパフォーマンスシーン「ウィ・ウィル・ロック・ユー(We Will Rock You)」と「愛という名の欲望(Crazy Little Thing Called Love)」の2曲を追加し、新たに再編集したディレクターズカット版となる『ボヘミアン・ラプソディ ライブ・エイド完全版』が6月4日(金)よりHuluにて2週間限定配信される。この『ボヘミアン・ラプソディ ライブ・エイド完全版』は世界初配信となる。

6月4日(金)「金曜ロードショー」(日本テレビ)放送直後から配信

2018年の劇場公開前から多くの反響を呼び、公開と同時にクイーン世代の大人だけでなくこれまでクイーンを聞いたことがなかった若者世代をも巻き込み、世界中で空前の大ヒットを記録した映画『ボヘミアン・ラプソディ』。第91回アカデミー賞で主演男優賞(ラミ・マレック)を含む最多4部門を受賞した本作が、6月4日(金)に日本テレビ「金曜ロードショー」で地上波初放送。

この『ボヘミアン・ラプソディ ライブ・エイド完全版』は「金曜ロードショー」の放送直後から配信される。

劇場版でカットされた2曲を追加した全6曲を余すところなく堪能できる

孤高のアーティスト、フレディ・マーキュリーの壮絶な生き様と、伝説のバンド「クイーン」が1985年7月13日に英米同時開催されたチャリティー音楽イベント“ライブ・エイド”で披露したロック史上最高のパフォーマンスの1つである21分に及ぶ伝説のライブシーンを再現し、世界中で話題を呼んだ『ボヘミアン・ラプソディ』。

劇場版で描かれたこの最大の見どころでもある“ライブ・エイド”のシーンで披露された楽曲は、「ボヘミアン・ラプソディ(英題:Bohemian Rhapsody)」「レディオ・ガ・ガ(英題:Radio Ga Ga)」「ハマー・トゥ・フォール(英題:Hammer To Fall)」「伝説のチャンピオン(英題:We Are The Champions)」の4曲のみだった。

今回、世界初配信となる“完全版”では、劇場版でカットされた「ウィ・ウィル・ロック・ユー(英題:We Will Rock You)」「愛という名の欲望(英題:Crazy Little Thing Called Love)」を追加した全6曲を、余すところなく堪能できる。

世界中の映画館で観客を興奮させたあの感動が更にパワーアップし、再びエネルギッシュな世界観に酔いしれること間違いなし。音楽史上に残る奇跡のパフォーマンスが、まるでライブ会場にいるかのように体感できるはずだ。

【『ボヘミアン・ラプソディ ライブ・エイド完全版』ライブ・エイドのシーンで演奏される楽曲】

  1. ボヘミアン・ラプソディ(英題:Bohemian Rhapsody)
  2. レディオ・ガ・ガ(英題:Radio Ga Ga)
  3. ハマー・トゥ・フォール(英題:Hammer To Fall)
  4. 愛という名の欲望(英題:Crazy Little Thing Called Love)★完全版にて追加
  5. ウィ・ウィル・ロック・ユー(英題:We Will Rock You)★完全版にて追加
  6. 伝説のチャンピオン(英題:We Are The Champions)
配信情報

ボヘミアン・ラプソディ ライブ・エイド完全版
6月4日(金)日本テレビ「金曜ロードショー」放送直後からHuluにて2週間限定配信

©︎2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事