特殊効果の神と呼ばれるフィル・ティペット監督作『マッドゴッド』(12月2日公開)の驚異の制作過程を映したメイキング映像&写真7点が解禁された。

「多くのアイデアは夢から盗んだ」

スター・ウォーズ』『ロボコップ』『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズなど、誰もが知る名作の特殊効果の数々を手掛け、その後のSF作品に計り知れない影響を与えた巨匠フィル・ティペット。その最新作は、驚異の制作期間30年をかけ生み出された、地獄のディストピアを巡るダークファンタジーだ。今から約30年前、ティペットは『ロボコップ2』(90)の撮影後に本作のアイデアを閃き、制作を始めた。だが、『ジュラシック・パーク』(93)で時代が転換点を迎え、業界が本格的にCGへ移行。「俺の仕事は絶滅した」とプロジェクトは中断された。それから20年後。ティペット・スタジオの若きクリエイターたちが奇跡的に当時の映像を発見し、彼らの熱望により企画が再始動。さらに、クラウドファウンディングで世界中のファンからの応援も集まり、2021年のシッチェス映画祭で上映され狂喜乱舞を呼んだ。

「天国よりも地獄に惹かれる」と語る天才フィル・ティペットが30年を費やした、狂気と執念の結晶ともいえる本作。2020年に起きたパンデミックから世界中が避難している間も作業を続け、遂に完成を迎えた。

彼の作り方は非常に特殊で、「多くのアイデアは夢から盗んだ」という驚きの事実が発覚。心理学者のカール・ユングに影響を受けており、論理的な計算に基づいて作品を作るのではなく、夢をノートに大量に記録し、研究して得たイメージを降臨させて作っていくアプローチをとったという。そうして潜在意識から溢れ出した壮大な物語が、この誰も見たことのない暗黒世界『マッドゴッド』である。

今回解禁されたメイキング映像&写真では、ティペットスタジオのVFXスタッフで『スターシップ・トゥルーパーズ2』や『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』等の数々のヒット作を手がけ、本作では撮影を担当したクリス・モーリーをはじめ、CGを学んできた新世代のアーティストたちに、ティペットが手作りのストップモーションの熟練の技を教えながら共同作業を行う様子が見られる。

さらに、ティペットの長年の盟友で、ILM社で多くのスティーヴン・スピルバーグやジョージ・ルーカスの作品に携わってきた視覚効果界の重鎮デニス・ミューレン(本作ではアソシエイト・プロデューサーにクレジットされている)の姿も!

彼らは、金属、粘土、毛、布、パウダー、スプレー、グルー、ガスバーナーなど様々な材料と道具を使い、実物ならではの繊細な質感を表現。「アサシン」、「シットマン」、「シーイット」といったキャラクターたちにグロテスクな生命力と共感を宿らせた。

観たものが驚愕を禁じ得ない、狂気が凝縮された84分間。『マッドゴッド』は12月2日(金)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開。

作品情報

マッドゴッド
2022年12月2日(金)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

STORY
人類最後の男に派遣され、地下深くの荒廃した暗黒世界に降りて行った孤高のアサシンは、無残な化け物たちの巣窟と化したこの世の終わりを目撃する。

監督:フィル・ティペット 出演:アレックス・コックス
2021年/アメリカ/84分/1.78:1/カラー/5.1ch/原題:MAD GOD/日本語字幕:高橋彩/PG12 ©2021 Tippett Studio
提供:キングレコード、ロングライド 配給:ロングライド

©2021 Tippett Studio

公式サイト https://longride.jp/mad-god/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事