ライトハウス』『ウィッチ』のロバート・エガース監督が手がけた初のアクション大作『ノースマン 導かれし復讐者』が2023年1月20日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイントほか全国公開されることが決定し、本予告&メインビジュアルが解禁となった。

「父上の仇を討つ!母上を救い出す!フィヨルニルを殺す!」

先日第35回東京国際映画祭でジャパンプレミアが行われ、「傑作!」「劇場で観るべき!」などSNS上で絶賛の嵐が巻き起こった本作は、A24発の鬼才ロバート・エガース監督による北欧を舞台に繰り広げられるヴァイキングの壮大な物語。主演にスウェーデン出身のアレクサンダー・スカルスガルドを迎え、ニコール・キッドマン、クレス・バング、アニャ・テイラー=ジョイ、イーサン・ホーク、ビョーク、ウィレム・デフォーという超豪華キャストの競演が実現。一人の男の復讐の旅路を、アレクサンダー・スカルスガルドの豪快なアクションと、ロバート・エガース監督ならではの圧倒的な映像美で魅せる、この冬、体感すべき「没入感 MAX」のリベンジ・アクション・エンターテインメントだ。

今回解禁された予告編は、「お前はいずれ国王になる」と旅から帰還した父オーヴァンディル王(イーサン・ホーク)、そして母グートルン王妃(ニコール・キッドマン)に言い聞かされる幼きアムレートの映像から始まる。

いずれは自分も父のような偉大な王になる!と目を輝かせたが、ある日、王に忠誠を誓っていたはずの叔父・フィヨルニルが暗殺部隊を率いて王に襲い掛かる。必死の抵抗むなしく囲まれてしまった王は、岩陰に隠れたアムレートに「逃げろ!」と最後の叫びを絞り出す。王の首を討ち取ったフィヨルニルは王妃も連れ去ってしまうのだった…。

無残にも蹂躙される国を横目に命からがら逃げるアムレートは、極寒の海に一人ボートを漕ぎだし故郷から脱出し、強い復讐心を魂に刻む。「父上の仇を討つ!母上を救い出す!フィヨルニルを殺す!」。

そして数年後、成長したアムレート(アレクサンダー・スカルスガルド)は屈強なヴァイキングへと変貌を遂げる。預言者(ビョーク)と出会い己の使命“復讐”を思い出したアムレートは、憎きフィヨルニルがアイスランドで農場を営んでいることを知り、奴隷に変装しアイスランドに向かう。そして道中で親しくなったオルガ(アニャ・テイラー=ジョイ)の「あなたは敵の骨を砕く。私は敵の心を打ち砕く」という言葉が表すように、強い絆で運命に立ち向かうことを決意。こうして、アムレートの心震える復讐の旅路が始まるのだー。

「運命を逃れることはできない」というメッセージ。アムレートにとっての“運命”とは何か、果たして復讐を成し遂げることはできるのか。噴火する火山、燃え盛る村、そして炎の中で剣を振り下ろすアムレートの闘志みなぎるシーンなど、エガース監督こだわりの映像美とともに、復讐の行く末に手に汗握る予告編が完成した。

あわせて豪華キャストが集結したポスタービジュアルも解禁。泥と血にまみれたスカルスガルド演じるアムレートが武器を両手に、野獣のように眼光鋭くこちらを睨む、リベンジに燃える熱い気持ちが伝わるビジュアルとなっている。アニャ・テイラー=ジョイをはじめ、ニコール・キッドマン、イーサン・ホーク、クレス・バング、ウィレム・デフォー、そしてビョークなど、各キャラクターの活躍にも注目だ。

11月11日(金)より、本作の「てぬぐい」特典付き【ムビチケカード券】が上映劇場にて販売開始(数量限定)。また、ムビチケサイトからは【ムビチケオンライン券】(特典なし)も購入可能。詳しくはこちら→https://mvtk.jp/

『ノースマン 導かれし復讐者』は2023年1月20日(金)全国公開。   

作品情報

ノースマン 導かれし復讐者
2023年1月20日(金)TOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイントほか全国公開

STORY
若き王子アムレート(アレクサンダー・スカルスガルド)は、父であり国王オーヴァンディル(イーサン・ホーク)を叔父フィヨルニル(クレス・バング)に殺害され、母であるグートルン王妃(ニコール・キッドマン)も誘拐された。アムレートは、父の復讐と母の救出を誓い、たった一人ボートで島を脱出する。数年後、怒りに燃えるアムレートは、東ヨーロッパ各地で略奪を繰り返す獰猛なヴァイキング戦士の一員となっていた。ある日、預言者(ビョーク)と出会い己の運命と使命を思い出す。奴隷に変装したアムレートは、親しくなった白樺の森のオルガ(アニャ・テイラー=ジョイ)たちと共にフィヨルニルが経営している農場があるアイスランドを目指すー。

監督:ロバート・エガース『ライトハウス』『ウィッチ』 脚本:ロバート・エガース、ショーン『LAMB/ラム
出演:アレクサンダー・スカルスガルド『ゴジラ vs コング』『ターザン:REBORN』、ニコール・キッドマン『スキャンダル』『ある少年の告白』、クレス・バング『ザ・スクエア 思いやりの領域』、アニャ・テイラー=ジョイ『ラストナイト・イン・ソーホー』『ウィッチ』、イーサン・ホーク『ブラック・フォン』、ビョーク、ウィレム・デフォー『ラストハウス』

2022 年/アメリカ/カラー/ビスタ/英語・古ノルド語/原題:The Northman/137 分/PG12/字幕翻訳:松浦美奈

配給:パルコ ユニバーサル映画

© 2022 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

公式サイト northman-movie.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事