全米1位ラッパーで俳優としても活躍のコルソン・ベイカー。名優ケヴィン・ベーコンとの共演も話題の主演作『ワイルド・ロード』がいよいよ12月2日(金)より公開される。溢れる才能で活躍の場を広げている彼の魅力とは?

「娘のいきいきとした純粋な姿をみることに生きる価値がある」と語るほどの子煩悩な一面も

マシン・ガン・ケリーの名でラッパーとして活動するコルソン・ベイカーは、アメリカ・オハイオ州出身の1990年生まれ。2020年に発表した5枚目のアルバム「Tickets to My Downfall」では全米チャートで1位を記録し、ロックジャンルとして1年ぶりに全米1位を獲得する快挙を果たし、ポップ・パンクを牽引する存在として若者を中心に絶大な人気を誇っている。

一方で、192㎝のスタイルと端正な顔立ちを活かし、モデルや俳優業にも進出。2016年「Roadies」(原題)でデビューを果たし、「バード・ボックス」「プロジェクト・パワー」等のNetflixの大ヒットドラマや、『囚われた国家』などの映画作品に出演。ミーガン・フォックス共演の『Taurus』(原題)がベルリン映画祭で上映され、『Good Mourning』(原題)で監督デビューを果たすなど、音楽界のみならず、映画界でのさらなる活躍も期待されているマルチな才能を持つクリエイターだ。

一方、私生活では、2021年『ミッドナイト・キラー』で共演したのをきっかけに、女優のミーガン・フォックスと交際を始め、今年の1月には婚約を発表し話題となった。二人とも日本のアニメが好きだとインタビューで答えており、特に「カウボーイビバップ」は好きな作品として共通してタイトルを挙げている。

また18歳の頃からシングルファザーとして愛娘のケイシーを育ててきたコルソン・ベイカーは、公の場にも親子で姿を見せたり、トーク番組では「娘のいきいきとした純粋な姿をみることに生きる価値がある」と語るほどの子煩悩でもある。

『ワイルド・ロード』では愛娘のケイシーと親子役で共演

新作『ワイルド・ロード』ではそんな愛娘と親子役で共演。『ワイルド・ロード』は『エクスペンダブルズ2』『トゥームレイダー』のプロデューサーが放つ、絶体絶命ノンストップ・アクション。組織の金を奪い、一人娘のために償いをしようとする男の決死の逃亡劇を描く。本物の親子が演じているとあって、物語の中で死線をさまよいながらも娘の為に必死に大金を守るコルソンの姿には有無を言わせぬ説得力がある。

『ワイルド・ロード』

また本作では主人公フレディと対となる、まるで別人な役も登場するがこちらもコルソンが一人二役で演じ切っている。役者としてのコルソンの魅力が堪能できる『ワイルド・ロード』は12月2日(金)より全国ロードショー。

作品情報

ワイルド・ロード
2022年12月2日(金)より、全国ロードショー

出演:コルソン・ベイカー「プロジェクト・パワー」、ストーム・リード『透明人間』、ドレア・ド・マッテオ「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」、トラヴィス・フィメル『ウォークラフト』、ケヴィン・ベーコン『ブラック・スキャンダル』
監督:アンドリュー・ベアード/脚本:ベン・コンウェイ/撮影:トビア・センピ/編集:ジョン・ウォルターズ

2022年/アメリカ映画/英語/97分/ビスタ/5.1ch/字幕:江﨑仁美/映倫PG12
原題:One Way/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

© 2022 INSPIRED CREATIONS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト wild-road.jp

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事