中国全土を巻き込む社会現象となった『シスター 夏のわかれ道』がいよいよ今週末11月25日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネ・リーブル池袋ほか全国公開。このたび、“中国流のお葬式”を捉えた衝撃の本編シーンが解禁された。

麻雀の牌を混ぜる「洗牌(シーパイ)」で派手な音を立てることが死者にとって縁起が良い?

中国公開時は「マスクが濡れるほど泣いた!」とSNSなどで感動と共感の口コミが爆発し、先日の試写会でも「ラストに号泣」「揺れ動く葛藤に胸を打たれた」と絶賛され、文部科学省選定教育映画(成人向き)にも選定されるなど、日本で早くも高い評価を得ている本作。主人公は、看護師として働き、医者になるために北京の大学院進学を目指しているアン・ラン。ある日、疎遠だった両親を交通事故で失い、見知らぬ6歳の弟・ズーハンが突然現れる。養子先が見つかるまで仕方なく面倒を見始めるが、次第に弟を思いやる気持ちが芽生え、彼女の固い決意が揺らぎ始めていく…。自分の人生か、姉として生きるか。迷いながらも踏み出した、未来への一歩とはー。

このたび解禁された本編映像は、突然の死を迎えた姉夫婦のお葬式の場で、弟たちがまさかの麻雀をする場面。

麻雀好きが多いと言われる中国四川省では公園にはずらりと麻雀用のテーブルがあり、多くの人が麻雀をしている光景が良く見られ、中でも一部地域ではお葬式に麻雀を行う驚きの風習があるそう。麻雀の牌を混ぜる「洗牌(シーパイ)」で派手な音を立てることが、死者にとって縁起の良いこと、魔除けになるといった説、また、通夜の眠気覚ましや、遺体をネズミが齧らないようにわざと音を立てるといった理由が諸説ある。

そんな、「通常運転のお葬式」で、「上がり。お金は?」「彼が払う」とまさかの賭け麻雀が繰り広げられ、揉め出す親戚たちの姿が描かれる衝撃映像となっている。

あわせて解禁された場面写真は、「望まれなかった娘」として早くから親元を離れて、自立してきた姉アン・ランが、失意の底の中で両親のお葬式に参列する様子、遺影を前に号泣し机に伏せる場面、姉を頼り、膝の上で安心して眠る弟ともの思いにふけるアン・ランの姿など。自分の人生をとるのか、姉として生きるのかー。アン・ランの葛藤が痛いほど伝わってくるシーンが切り取られている。

『シスター 夏のわかれ道』は11月25日(金) 新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネ・リーブル池袋ほか全国公開。

作品情報

シスター 夏のわかれ道
2022年11月25日(金) 新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネ・リーブル池袋ほか全国公開

STORY
看護師として働くアン・ランは、医者になるために北京の大学院進学を目指していた。ある日、疎遠だった両親を交通事故で失い、見知らぬ 6 歳の弟・ズーハンが突然現れる。望まれなかった娘として、早くから親元を離れて自立してきたアン・ラン。一方で待望の長男として愛情を受けて育ってきたズーハン。姉であることを理由に親戚から養育を押し付けられるが、アン・ランは弟を養子に出すと宣言する。養子先が見つかるまで仕方なく面倒をみることになり、両親の死すら理解できずワガママばかりの弟に振り回される毎日。しかし、幼い弟を思いやる気持ちが少しずつ芽生え、アン・ランの固い決意が揺らぎ始める…。自分の人生か、姉として生きるか。葛藤しながらも踏み出した未来への一歩とはー。

監督:イン・ルオシン 脚本:ヨウ・シャオイン
出演:チャン・ツィフォン、シャオ・ヤン、ジュー・ユエンユエン、ダレン・キム
2021 年/中国語/127 分/スコープ/カラー/5.1ch/原題:我的姐姐/日本語字幕:島根磯美
配給:松竹 宣伝:ロングライド

© 2021 Shanghai Lian Ray Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved

公式サイト https://movies.shochiku.co.jp/sister/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事