1950年代から60年代を中心にフランス映画で活躍し、本国のみならず日本でも大人気を誇った女優ミレーヌ・ドモンジョが12月1日、パリの病院で死去したことが報じられた。享年87。死因などは明らかになっていない。

Studio Harcourt, CC BY 3.0 https://creativecommons.org/licenses/by/3.0, via Wikimedia Commons
日本のアニメ「ヤッターマン」のドロンジョは彼女がモデルということも有名

ドモンジョは57年の『サレムの魔女』で脚光を浴び、『悲しみよこんにちは』(58)『黙って抱いて』(58)『お嬢さん、お手やわらかに!』(59)『ローマの恋』(60)『サビーヌの掠奪』(61)『女は夜の匂い』(62)などの出演作で人気スターとなった。

他に『ファントマ/危機脱出』(64)『ファントマ/電光石火』(65)のシリーズ、『タヒチの男』(66)などでもファンを獲得したが、徐々に仕事をセーブして、テレビや舞台中心の活動に移行。

Embed from Getty Images

それでも日本では人気があり、84年の『ヨーロッパ特急』、2004年の『東京タワー』といった日本映画に特別出演している。日本のアニメ「ヤッターマン」のドロンジョは彼女がモデルということも有名。また09年には『100歳の少年と12通の手紙』でベテランとなった演技力を発揮している。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事