身代金目的の“誘拐ビジネス”が深刻な社会問題となっているメキシコ。年間約6万件もの誘拐事件が発生し、その99%が解決されないまま闇に葬られるといわれる。娘を誘拐された母親の実話をベースにした衝撃作『母の聖戦』(1月20日公開)をはじめ、メキシコでの誘拐事件をテーマにした名作映画を3作品紹介。

『母の聖戦』
家族を誘拐された被害者家族の多くが組織の報復を恐れ、泣き寝入りを強いられている

麻薬カルテルなど犯罪組織による誘拐ビジネスが横行し、年間約6万件にもおよぶ誘拐事件が発生していると推定されるメキシコ。身代金目的の誘拐という犯罪は、極めて成功率が低いうえに刑罰が重いことから、俗に“割に合わない犯罪”と言われているが、中米のメキシコではそのような常識は当てはまらない。

年間8万人が行方不明となっている日本では、警察に届けが出されたのち、その多くが所在確認され95~98%は解決。しかし、メキシコでは誘拐犯罪の99%が解決されないまま闇に葬られるといわれる。しかも、家族を誘拐された被害者家族の多くが組織の報復を恐れ、警察に相談することもできずに泣き寝入りを強いられているという。

そんな深刻な社会問題となっているメキシコの誘拐事件は、これまで様々な映画の題材になってきた。依然として解決の糸口が見えない誘拐ビジネスの闇。決して目を背けてはいけない現実がそこにある。

1
娘を誘拐された母の深い愛情と強い怒りを描いた衝撃作
『母の聖戦』 2023年1月20日(金)公開

現代のヨーロッパを代表する名匠のダルデンヌ兄弟、『4ヶ月、3週と2日』でカンヌ映画祭パルムドールに輝いたクリスティアン・ムンジウ、『或る終焉』で知られるメキシコの俊英ミシェル・フランコがプロデューサーとして参加し、テオドラ・アナ・ミハイ監督の劇映画デビューとなった本作は、犯罪組織に誘拐された娘を奪還するため、命がけの闘争に身を投じた女性の実話をベースにしたクライム・スリラー。ごく平凡なシングルマザーの主人公がたどる想像を絶する運命を映し出す。

メキシコ北部の町で暮らすシングルマザー、シエロのひとり娘である十代の少女ラウラが犯罪組織に誘拐された。冷酷な脅迫者の要求に従い、20万ペソの身代金を支払っても、ラウラは帰ってこない。警察に相談しても相手にしてもらえないシエロは、自力で娘を取り戻すことを胸に誓い、犯罪組織の調査に乗り出す。そのさなか、軍のパトロール部隊を率いるラマルケ中尉と協力関係を結び、組織に関する情報を提供したシエロは、誘拐ビジネスの闇の血生臭い実態を目の当たりにしていく。人生観が一変するほどのおぞましい経験に打ち震えながらも、行方知れずの最愛の娘を捜し続けるシエロは、いかなる真実をたぐり寄せるのか……。

2
今なおメキシコに残る貧困問題をはじめとした問題を鋭く描く
『息子の面影』(2020) 

荒涼としたメキシコの大地を美しく切り取りつつ、今なおメキシコに残る貧困問題をはじめとした問題を鋭く描き出したヒューマンドラマ。出稼ぎのため家を出た息子が行方不明になり、その息子を探すため旅立った母、マグダレーナの旅路を描く。フェルナンダ・バラデス監督がほぼ無名のキャストを起用して制作し、ロッテントマトで異例の高評価を獲得した。

メキシコの貧しい村に暮らすマグダレーナ。貧困から抜け出すため仕事と夢を求めた息子は、友⼈とアメリカへ向けて旅⽴ち、そのまま消息を絶つ。多くの若者が国境を越えようとして命を失うことが多い中、マグダレーナは、息⼦を探す為に⼀⼈、村を出発する。やっとの思いで得た情報を頼りに、ある村へと向かうマグダレーナは、道中で息⼦と同じような年齢の⻘年ミゲルに出会い、彼が母親を探していることを知る。息子と母、それぞれが大切な存在を探している二人は共に旅を始める。

3
誘拐犯に拉致された少女のためボディガードの復讐が始まる
『マイ・ボディガード』 2004年公開

A・J・クィネルのベストセラー小説『燃える男』をトニー・スコット監督が映画化したアクションドラマ。9歳の少女のボディガードとして雇われた元CIA工作員が巨大な犯罪組織に立ち向かう。『クリムゾン・タイド』に続いてスコット監督とタッグを組んだデンゼル・ワシントンが主演を務め、『アイ・アム・サム』のダコタ・ファニングが共演。


米軍の対テロ部隊で長年暗殺任務に従事し、心と体に大きな傷を負ったジョン・クリーシー(デンゼル・ワシントン)は、生きる希望を失っていた。そんな彼を見かねた部隊の先輩レイバーンは、クリーシーに誘拐事件が多発するメキシコシティに住む、実業家ラモスの娘ピタ(ダコタ・ファニング)の護衛の仕事を紹介する。はじめは仕事に対して乗り気でなく無愛想なクリーシーだったが、無邪気で優しく聡明なピタに少しずつ心を開いていく。そしてピタが誘拐犯に拉致されたとき、クリーシーの過激な追跡が始まる―。

作品情報

母の聖戦
2023年1月20日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー

STORY
メキシコ北部の町で暮らすシングルマザー、シエロのひとり娘である十代の少女ラウラが犯罪組織に誘拐された。冷酷な脅迫者の要求に従い、20万ペソの身代金を支払っても、ラウラは帰ってこない。警察に相談しても相手にしてもらえないシエロは、自力で娘を取り戻すことを胸に誓い、犯罪組織の調査に乗り出す。そのさなか、軍のパトロール部隊を率いるラマルケ中尉と協力関係を結び、組織に関する情報を提供したシエロは、誘拐ビジネスの闇の血生臭い実態を目の当たりにしていく。人生観が一変するほどのおぞましい経験に打ち震えながらも、行方知れずの最愛の娘を捜し続けるシエロは、いかなる真実をたぐり寄せるのか……。

監督:テオドラ・アナ・ミハイ 製作:ハンス・エヴァラエル 共同製作:ダルデンヌ兄弟、クリスティアン・ムンジウ、ミシェル・フランコ
出演:アルセリア・ラミレス、アルバロ・ゲレロ、アジェレン・ムソ、ホルヘ・A・ヒメネス

2021 年/ベルギー・ルーマニア・メキシコ合作/135 分/カラー/スペイン語/5.1ch デジタル/ビスタサイズ
字幕翻訳:渡部美貴 映倫 G 配給:ハーク 配給協力:FLICKK 宣伝:ポイント・セット

©MENUETTO FILM, ONE FOR THE ROAD,LES FILMS DU FLEUVE, MOBRA FILMS&TEOREMA

公式サイト https://www.hark3.com/haha

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事