67カ国で初登場TOP10入りのスマッシュヒットを記録したニコラス・ケイジ主演最新作『マッシブ・タレント』(3月24日公開)の予告編が完成した。人気声優・諏訪部順一がナレーションを務める。

「この作品を見て笑い、ユーモアを感じてもらいたい。今の世の中に必要だと思う」

『リービング・ラスベガス』でアカデミー賞主演男優賞を受賞し、演技派俳優としての地位を確立すると同時に、『ザ・ロック』、『フェイス/オフ』などのアクション大作にも次々と出演し、ハリウッドのトップスターに駆け上ったニコラス・ケイジ。その後、出演作の興行的失敗が続いたことでハリウッドからのオファーが途絶え、多額の負債を抱えるも、「働きすぎ」と周囲から揶揄されながら何十本もの低予算映画へ出演し、借金を完済した。

そんな彼の主演最新作となるのが、自らの分身とも言える、どん底の俳優ニック・ケイジを演じる『マッシブ・タレント』。67カ国で初登場TOP10入りのスマッシュヒットを記録したニコケイ史上最高のエンターテイメント映画だ。共演は「THE LAST OF US」「ゲーム・オブ・スローンズ」「マンダロリアン」と話題作へ引く手あまたのペドロ・パスカル。本作ではニック・ケイジに心酔するスペインの大富豪に扮し、ニコラス・ケイジとの見事なケミストリーを見せている。

このたび解禁されたのは、BLACKPINK の大ヒット曲『Kill This Love』に乗せておくる日本オリジナル予告編。映像は、かつて栄光を極めたハリウッドスターのニック・ケイジが仕事を失い、“俳優業を辞める”と打ちひしがれているシーンから始まる。

多額の借金を抱え、心から望んでいた役は得られず、妻とは別れ、娘からは愛想をつかされているという、まさに“どん底”状態に陥っているニック・ケイジ。悲観する彼の下に、スペインの大富豪の誕生日パーティーに参加するだけで、100万ドルが得られる高額のオファーが舞い込む。借金返済のために渋々受け入れて、スペインのリゾート地・マヨルカ島に飛び立ったニックを待ち受けていたのは、大富豪ハビ(ペドロ・パスカル)だった。

ハビは、ニックの熱狂的なファンであり、熱烈なコレクターだった。コレクションルームに陳列されたアイテムには、アクション映画の金字塔『フェイス/オフ』の名場面を再現したニコラス・ケイジの等身大の蝋人形が飾られており、その光景を目にしたニックは「グロテスク」だとその熱量に引き気味に。しかしハビとは好きな映画の趣味が合い意気投合、友情を深めていく。

ところが CIA のエージェントたちが、突然ニックを拉致して、ハビの正体が国際的な犯罪組織の首領だと明かす。さらに彼の動向をスパイしてほしいという依頼を受けるハメになったニックは、ハビとの友情をとるか、それとも国家のために働くのか、俳優人生を懸けた一世一代の大仕事(ミッション)に挑むことに。

『フェイス/オフ』を彷彿とさせる、金色の両手銃を持ちながら戦いに挑むニコケイと、大ヒットゲームのドラマ化『THE LAST OF US』でジョエル役を演じるなど、スター街道をまい進するペドロ・パスカルとの共演は、どんなケミストリーを生み出すのか、ワクワクドキドキが止まらない映像となっている。

予告編解禁にあわせて、主演を務めたニコラス・ケイジより、公開を待ち焦がれているファンに向けてメッセージが到着。「この作品を見て笑い、ユーモアを感じてもらいたい。今の世の中に必要だと思う。そしてユニークな物語を楽しんでほしい。ひねりが利いていて商業的な大手作品では珍しい。この作品はリスクを取ってるよ」とコメントを寄せている。

「今年最高の一本」(Indie Wire)、「ぶっ飛んでる!」(The Independet UK/★4)、「傑作」(Daily Dead/★4)、「最高」(EMPIRE/★4)、「たまらなく愛おしい!」(New York Post/★4.5)、「超越的」(Roger Ebert.com/★4.5)と、海外メディアも拍手を送る注目作『マッシブ・タレント』は3月24日(金)新宿ピカデリー、渋谷シネクイント、グランドシネマサンシャイン 池袋、アップリンク吉祥寺ほか全国ロードショー。

作品情報

マッシブ・タレント
2023年3月24日(金)新宿ピカデリー、渋谷シネクイント、グランドシネマサンシャイン 池袋、アップリンク吉祥寺ほか全国ロードショー

出演:ニコラス・ケイジ、ペドロ・パスカル、シャロン・ホーガン、アイク・バリンホルツ、アレッサンドラ・マストロナルディ、ジェイコブ・スキーピオ、ニール・パトリック・ハリス、ティファニー・ハディッシュ
監督:トム・ゴーミカン 脚本:トム・ゴーミカン、ケヴィン・エッテン
製作:ニコラス・ケイジ、マイケル・ニーロン、クリスティン・バー、ケヴィン・トゥーレン
製作総指揮:サムソン・ムク、ケヴィン・エッテン 撮影:ナイジェル・ブラック 音楽:マーク・アイシャム
編集:メリッサ・ブレザートン 衣装:パコ・デルガド プロダクションデザイン:ケヴィン・カヴァナー
2022年/カラー/シネマスコープ/英語・スペイン語/107分/PG12/日本語字幕:平井かおり/字幕引用:戸田奈津子、菊地浩司、太田直子
提供:フラッグ、クロックワークス、Filmarks 配給:フラッグ 宣伝:クロックワークス 宣伝協力:Filmarks

®, ™ & © 2022 Lions Gate Ent. Inc. All Rights Reserved.

公式サイト massive-talent.net

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事