アネット・ベニング、ビル・ナイ、ジョシュ・オコナー共演で贈る感動作『幸せの答え合わせ』が6月4日(金)よりキノシネマ横浜みなとみらい、キノシネマ立川髙島屋S.C.館、キノシネマ天神ほか全国順次公開。このたび29年間連れ添った夫がまさかの離婚話を切り出すシーンの本編映像が到着した。

家族それぞれのリスタートが「人は何があっても光差す方へ必ずまた歩き出せる」と教えてくれる

『グラディエーター』でアカデミー賞脚本賞を受賞したウィリアム・ニコルソンが、自身の両親との実体験をもとに脚本を書き上げ自ら監督も手がけた家族の物語。可笑しみと切なさの間を行ったり来たりする家族のリアルな台詞には、まるで自分の家族アルバムの1ページに出会ったかのように共感せずにはいられない。夫のまさかの離婚宣言から始まった家族それぞれのリスタートが「人は何があっても光差す方へ必ずまた歩き出せる」と教えてくれる感動作だ。

アカデミー賞4度ノミネート、ゴールデングローブ賞6度ノミネート&2度受賞を誇る『20センチュリー・ウーマン』の大女優アネット・ベニングと、『ラブ・アクチュアリー』で英国アカデミー賞に輝いた演技派俳優ビル・ナイが、結婚29年目に突然、夫の方から別れを切り出す夫婦を演じる。

彼らの一人息子役には、大ヒットテレビシリーズ「ザ・クラウン」でチャールズ皇太子役を演じてゴールデングローブ賞を獲得、ロエベやブルガリのアンバサダーをつとめるなど、人気急上昇中の英国若手スター、ジョシュ・オコナー。

「私は現実から逃げていた」

このたび解禁された本編映像では、29年間連れ添った夫からのまさかの離婚宣言に唖然とする妻の様子が切り取られている。

アネット・ベニング演じる妻のグレースが、昨夜の口論について「きつく当たったこと反省してる。安心感が欲しいだけなの。一緒に生きていると感じるために」と夫を後ろから抱きしめながら謝罪。

一方、ビル・ナイ演じる夫のエドワードは複雑な表情で「もう無理だと思わないか」と、これまで黙っていた胸の内を明かし始める。「私は現実から逃げていた。君が求めているものを与えられず、役立たずだと感じていた。君に見合わない人間だとね。君を怒らせてヘマばかりしてそれで落ち込んで。話すのを避けたらさらに悪循環に」と訴えかけるエドワード。

しかしグレースは「よかった。分かってくれたのね。祈りが通じたわ」と二人の会話は噛み合わないまま進む。

ついにエドワードが「私は出ていきたい」と、離婚を切り出すが、そんなことを夢にも思っていないグレースは「出る? どこに?」とピンときていない様子。「他に女性がいる。すまない」というエドワードの言葉に、グレースは初めて夫の意思が固いことを認識し唖然とする。

果たしてこの二人はこの後どうなるのか? 気になる続きはぜひ劇場で確認してみよう。

作品情報

幸せの答え合わせ
6月4日(金)よりキノシネマ横浜みなとみらい、キノシネマ立川髙島屋S.C.館、キノシネマ天神ほか全国順次公開

監督・脚本:ウィリアム・ニコルソン
出演:アネット・ベニング、ビル・ナイ、ジョシュ・オコナー
2018年|イギリス|英語|カラー|スコープサイズ|DCP|5.1ch|100分|原題:Hope Gap|レイティング:G|字幕翻訳:川喜多綾子

提供:木下グループ  配給:キノシネマ

© Immersiverse Limited 2018

公式HP:https://movie.kinocinema.jp/works/hopegap

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事