ハリウッドの老舗映画スタジオMGM(Metro-Goldwyn-Mayer/メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)を、Amazonが84億5000万ドルで買収すると発表された。

Embed from Getty Images
配信時代でコンテンツの拡充を図るアマゾンに白羽の矢を立てられた形

MGMは1924年に誕生したハリウッドきっての老舗映画会社。ライオンのマークは映画ファンならおなじみだろう。

現在ユナイテッド・アーチスツ、オライオン・ピクチャーズなどを傘下に持ち、『007』シリーズ、『ロッキー』シリーズ、『ロボコップ』シリーズなどのラインナップを擁している。

コロナ禍で映画館でのリリースが滞る中、営業的な苦戦を強いられてきたMGMが配信時代でコンテンツの拡充を図るアマゾンに白羽の矢を立てられた形だ。当初の噂では90億ドル以上の値が付くのではといわれてきたが、予想より低い額で交渉がまとまったとみられる。

MGMには他にも『ピンクパンサー』『羊たちの沈黙』『テルマ&ルイーズ』などの名作を有し、さらに『ファーゴ』などTV作品も数多い。Amazonがネットフリックスやディズニープラスなど強豪ライバルに対抗するコンテンツを得たことで、ストリーミングビジネスはますます活気を呈しそうだ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事