オンラインで同時配信されるハイブリッド型の映画祭「第1回モナコストリーミング映画祭」が2021年7月3日(土)~7月6日(火)に開催されることが発表された。

ストリーミング技術を活用した新たな映画祭がモナコで誕生

今回初開催となる「モナコストリーミング映画祭」(以下MCSFF)はフェスティバルの模様がオンラインで同時配信される、これまでにないハイブリッド型の映画祭。Netflix共同創業者のミッチ・ロー氏やプリンセス・グレース財団、GEMA財団が連携し実現に至った。カンヌ映画祭に先立ち、2021年7月3日(土)から7月6日(火)までモナコのグリマルディ・フォーラムにて開催される。

MCSFFはNetflixの共同創業者ミッチ・ロウ氏と共にモナコでレッドカーペットの最初の一歩を踏み出し、その計画のすべてを世界中に配信する予定。ストリーミング業界のコンテンツ、メーカー、クリエイター、タレントを称え、ストリーミング技術を活用して映画祭を活性化させるこの取り組みは、まさに「映画祭とサミットの融合(festival-meets-summit)」であり、革新的なハイブリッド型の映画祭となるだろう。

期間中は映画界とストリーミング業界のリーダーはもちろん、才能あふれるクリエイターや技術者らが華やかなモナコ公国に集結。ダイナミックなプレミアやアワードナイト、VIPレセプション、マーケットプレイスがプログラムされるほか、Appleの共同創設者スティーブ・ウォズニアック氏の基調講演も実施予定だ。

テクノロジーを駆使した世界的規模のMCSFFは、独自のライブ・ストリーミング・プラットフォームを通じて、モナコの現地だけでなく世界中の人々に門戸を開放。バーチャルのみのコンテンツやリモートの参加者によるパネルディスカッションも用意されている。

イベント概要

第1回モナコストリーミング映画祭
2021年7月3日(土)~7月6日(火)開催
公式サイト:https://mcsff.com/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事