『ラ・ラ・ランド』『セッション』で知られるデイミアン・チャゼル監督の新作映画『Babylon(原題)』の追加キャストが発表。ロックバンド「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のベーシストであるフリー、さらにマックス・ミンゲラ、サマラ・ウィービングらの出演が明らかになった。

"Red Hot Chili Peppers Live @ Wells Fargo Center 5/11/12" by Stephen Eckert is licensed under CC BY-NC-ND 2.0
チャゼル監督が新作映画のメガホンを取るのは、2018年の『ファースト・マン』以来

チャゼルが監督と脚本を担当する『Babylon』は、無声映画からトーキーへ移行した1920年代のハリウッドを舞台に、実在の人物とフィクションのキャラクターを融合させた物語になるとのこと。現段階では詳しいストーリーや役柄は伏せられている。

Embed from Getty Images

デイミアン・チャゼル監督

すでにマーゴット・ロビー、ブラッド・ピット、キャサリン・ウォーターストンらの出演が発表されており、今回さらにフリー、エル・ファニング主演『ティーン・スピリット』など監督としても活躍する俳優マックス・ミンゲラ、ヒューゴ・ウィービングの姪サマラ・ウィービングが加わった。

Embed from Getty Images Embed from Getty Images

マックス・ミンゲラ(上)とサマラ・ウィービング

俳優として30年以上のキャリアを持つフリーは、これまで『ある少年の告白』『ベイビー・ドライバー』『ビッグ・リボウスキ』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(PART2,3)など多数の映画に出演。印象に残るキャラクターを演じてきただけに今回の役も気になるところだ。

Embed from Getty Images

『ある少年の告白』のプレミアに参加したフリー

Deadlineによると、チャゼルは本作の最終的なキャスティングを終えたとのこと。『Babylon』は2022年のクリスマスに限定公開されたのち、2023年1月6日に拡大公開される。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事