ジョニー・デップ製作・主演最新作『MINAMATA(原題)』が邦題を『MINAMATA−ミナマタ−』として9月23日(木・祝)にTOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開されることが決定した。あわせて日本版ビジュアルも解禁された。

本日7月2日(金)正午よりムビチケ前売券(オンライン)の販売が開始

熊本県水俣市のチッソ工場の廃水を原因とし、現在まで補償や救済をめぐる問題が続く日本における“四大公害病”のひとつ水俣病。その存在を世界に知らしめたのが、写真家ユージン・スミスとアイリーン・美緒子・スミスが1975年に発表した写真集「MINAMATA」だ。

ジョニー・デップ自身が長年の憧れだったと語るユージン。彼の遺作ともなったこの写真集を基に、ジョニー自身の製作・主演で待望の映画化が実現した。共演はビル・ナイ、日本から真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子など実力派キャストが集結。坂本龍一が音楽を手掛けた。

ユージンに長年憧れを抱いたジョニーが、「映画の持つ力をフルに活用して、この歴史は語り継がれなければならない」と映画化を熱望し、自ら製作・主演を務めた、役者人生をかけた衝撃の感動作だ。

このたび解禁された待望の日本版ビジュアルでは「一枚の写真が世界を呼び覚ます」のコピーとともに、本作の舞台となる水俣の広大な空と海のもと、ジョニー・デップ演じるユージン・スミスがカメラを持ち、水俣の現状を世界に伝えるべく、鋭い眼差しで何かを捉えようとする姿をとらえている。

そして、ポスター下部には、脇を固める真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子、ビル・ナイの豪華キャストの面々が並ぶ。

なお本日7月2日(金)正午よりムビチケ前売券(オンライン)の販売が開始。購入者全員に映画『MINAMATA―ミナマター』オリジナルのジョニー・デップのバーチャル背景がプレゼントされる。また抽選で写真集「MINAMATA」などがもらえる豪華キャンペーンが実施される。

『MINAMATA―ミナマター』オリジナルのジョニー・デップのバーチャル背景

「MINAMATAーミナマター」ムビチケ前売券(オンライン)
購入者限定キャンペーン
*期間:2021/7/2(金)正午 ~2021/9/30(木)23:59まで   
*ムビチケ前売券(オンライン)の販売は2021/9/22(水)まで
ムビチケ前売券(オンライン)を購入した方全員にジョニー・デップのバーチャル背景をプレゼント!購入者へ自動配信される購入完了メールからダウンロードする形式となります。
<賞品> 写真集「MINAMATA」 1名様、非売品海外版ポスター 3名様

https://mvtk.jp/campaign/minamata

【ウィリアム・ユージン・スミス William Eugene Smith】
(1918-1978)1918年12月30日、アメリカ・カンザス州ウィチタ生まれ。世界的写真家集団「マグナム・フォト」の正会員。太平洋戦争において、サイパン、沖縄、硫黄島で戦場カメラマンとして活躍。戦後は一般の人々の生活を捉えていき、「ライフ」誌で発表した「楽園へのあゆみ」、「カントリー・ドクター」、「スペインの村」、「助産師モード」などのフォト・エッセイは世界的評価を得る。52歳の時に当時の妻アイリーンと水俣市に移住。3年間水俣市に暮らしながら水俣病の問題を取材し、1975年、アイリーンとの連名による写真集「MINMATA」がアメリカで出版され、世界中で大反響を呼んだ。翌年、ロバート・キャパ賞を受賞。1977年末、死去。享年59歳。写真集「MINAMATA」がスミスの遺作となった。

作品情報

MINAMATA−ミナマタ−
9月23日(木・祝)TOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開

製作:ジョニー・デップ
監督:アンドリュー・レヴィタス 脚本:デヴィッド・ケスラー
原案:写真集「MINAMATA」W.ユージン・スミス、アイリーンM.スミス(著)
出演:ジョニー・デップ、真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子and ビル・ナイ
音楽:坂本龍一
© 2020 MINAMATA FILM, LLC  

提供:ニューセレクト株式会社、カルチュア・パブリッシャーズ、ロングライド
配給:ロングライド、アルバトロス・フィルム

2020年/アメリカ/英語・日本語/115分/1.85ビスタ/カラー/5.1ch/原題:MINAMATA/日本語字幕:髙内朝子

公式サイト:longride.jp/minamata/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事