これまで映画化されてこなかった知られざる史実を基に、ホロコーストを生き延びたユダヤ人たちによる驚くべき復讐計画を描く衝撃のサスペンス『復讐者たち』が7月23日(金)より全国公開。このたび場面写真が一挙解禁された。

彼らは復讐者でありながら、同時にホロコーストで家族や愛するものを奪われた犠牲者たちでもある

このたび解禁された場面写真では、ナチス残党を処刑する者たち、一般のドイツ人をも巻き込んだ復讐を企てる者たちを捉えている。その表情は強い信念を感じさせるが、どこか深い悲しみも漂わせている。彼らは復讐者でありながら、同時にホロコーストで家族や愛するものを奪われた犠牲者たちでもある。

ナチスの残党だけを狩るユダヤ旅団と、残党のみならずドイツ国民600万人を標的にする組織“ナカム”。その狭間で、ジレンマを抱えながらも生きる目的を復讐にしか見出せない主人公が迎える息を飲むクライマックス、そして最後に下す決断にあなたの心は揺さぶられるにちがいない。

『名もなき生涯』(20)での名演技が記憶に新しい実力派俳優アウグスト・ディールが主演

ヒトラーやナチス・ドイツを扱った映画はこれまでにも数多く作られてきたが、本作は初めてホロコーストの被害者たちによる大規模な復讐計画を描き切った作品。

1945年、敗戦直後のドイツ。ホロコーストを生き延びたユダヤ人マックス(アウグスト・ディール)は収容所で離ればなれになった妻子がナチスに殺された事実を知り、絶望のどん底に突き落とされた。復讐心を煮えたぎらせ、ナチス残党を密かに処刑しているユダヤ旅団と行動を共にすることになったマックスは、より過激な報復活動をしていたユダヤ人組織“ナカム”に参加したことで、“プランA”と呼ばれる計画が進行中であることを知る。それは、ドイツ人600万人を標的にした驚くべき復讐計画だった…。

テレンス・マリック監督作『名もなき生涯』(20)での名演技が記憶に新しい実力派俳優アウグスト・ディールが、埋めようのない喪失感と憎しみを内に秘めたマックスを渾身の演技で体現。さらに、気鋭監督自ら当時の生存者へ取材を敢行。“プランA”の真相と組織間の諜報戦、そして衝撃のクライマックスを驚くべき正確さで見事に作り上げた。

作品情報

復讐者たち
2021年7月23日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、シネクイントほか全国公開

出演:アウグスト・ディール(『名もなき生涯』『マルクス・エンゲルス』『イングロリアス・バスターズ』)、シルヴィア・フークス(『ブレードランナー2049』)
監督・脚本:ドロン・パズ、ヨアヴ・パズ

2020年/ドイツ、イスラエル/英語/110分/シネスコ/5.1ch/「原題:PLAN A」 /
日本語字幕:吉川美奈子/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

© 2020 Getaway Pictures GmbH & Jooyaa Film GmbH, UCM United Channels Movies, Phiphen Pictures, cine plus, Bayerischer Rundfunk, Sky, ARTE

公式サイト:fukushu0723.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事