“ハリウッドの破壊王”ことマイケル・ベイがプロデュースを務める戦慄のパンデミック・スリラー『ソングバード』(10月7日公開)の場面写真が17点一挙解禁された。主演のKJ・アパ、ソフィア・カーソンをはじめ、ピーター・ストーメアやデミ・ムーアなど豪華出演者たちの姿が収められている。

脇を固めるキャストにも実力派俳優が顔を揃える

映画『アルマゲドン』(98)や『トランスフォーマー』シリーズで知られる“ハリウッドの破壊王”マイケル・ベイがプロデュースを務めた『ソングバード』は、新型コロナウイルス(COVID-19)が猛威を振るう中、逆境を逆手に取り、外出制限の真っ只中のロサンゼルスで撮影された作品。未曾有のパンデミックの真っ最中に、現在の状況がさらに悪化した未来を描くスリリングな試み。2020年7月のロックダウン下、一番最初に撮影されたハリウッド作品である。

このたび解禁されたのは、主人公ニコとサラのほか本作で豪華俳優陣たちが演じたキャラクターたちを捉えた場面写真の数々。

ウイルス感染者やその疑いがある者を隔離する「Qゾーン」に強制収監する衛生局の狂気的な局長役には、コーエン兄弟のお気に入り俳優で映画ファンのみならず、大ヒットドラマ「プリズン・ブレイク」でドラマ好きにも強烈なインパクトを残したピーター・ストーメアが扮し、そんな彼の鬼気迫るカットは、本作で描かれる近未来のコロナ禍の世界での人間の狂気を感じさせる。

そして裕福でワケありの夫婦役を『ゲット・アウト』(17)のブラッドリー・ウィットフォードと、『ゴースト/ニューヨークの幻』(90)のデミ・ムーアが演じ、映画により説得力を持たせている。二人は、ニコに与えられる“ミッション”のカギを握る重要な存在として登場する。

そのほか脇を固めるキャストにも実力派俳優が顔を揃え、ある人物と“禁じられた情事”に巻き込まれるシンガー役の『カリフォルニア・ダウン』(15)のアレクサンドラ・ダダリオや、障害を抱えた退役軍人役の『リチャード・ジュエル』(19)のポール・ウォルター・ハウザーの姿も見て取れる。

『ソングバード』は10月7日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

作品情報

ソングバード
2022年10月7日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

STORY
ウイルスに免疫がある運び屋ニコは、ロックダウン下で恋におち、ドアやスマートフォン越しに愛を通わせる恋人サラと、いつか顔を合わせて触れ合うことを夢見ていた。しかし、ウイルスの脅威がさらに増し続けるうち、サラの感染が疑われはじめ、彼女は「Qゾーン」と呼ばれる施設に徹底隔離されそうになる。組織の陰謀が渦巻く中で、ニコはサラを救う唯一の方法を求めて、荒廃したロサンゼルスの街を必死に駆け抜けるのだが―。

製作:マイケル・ベイ マルセイ・A・ブラウン ジェイソン・クラーク ジャネット・ヴォルトゥルノ アダム・グッドマン アンドリュー・シュガーマン エベン・デヴィッドソン 
出演:KJ・アパ ソフィア・カーソン クレイグ・ロビンソン ブラッドリー・ウィットフォード ピーター・ストーメア アレクサンドラ・ダダリオ ポール・ウォルター・ハウザー デミ・ムーア
監督・脚本:アダム・メイソン 共同脚本:サイモン・ボーイズ  2020年/アメリカ/英語・スペイン語/5.1ch/シネスコ/84分/原題:SONGBIRD

提供:WOWOW 配給:ポニーキャニオン

© 2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 

公式サイト songbird-movie.jp

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事