Amazon Prime Videoにて独占配信中のSFアクション映画『トゥモロー・ウォー』より、主演/製作総指揮を務めるクリス・プラットが撮影現場を案内する映像が公開。さらにクリス・マッケイ監督、クリス・プラット、J・K・シモンズ、イヴォンヌ・ストラホフスキーのロング・インタビューもお届けする。

主演と製作総指揮を兼任するクリス・プラットが舞台裏を案内!

『トゥモロー・ウォー』は、現在と未来(2051年)を舞台に地球を脅かす未知のエイリアンとの戦争を描いたSFアクション作品。2021年7月2日(金)から独占配信が始まったばかりの本作より、クリス・プラットが案内する撮影現場映像が公開された。冒頭から「製作総指揮に許可をもらってる、つまり俺だ!」とやる気満々のクリス・プラットがグリーンスクリーンのセットや大型送風機を説明するほか、屋外の戦闘シーンのセットも惜しげなく紹介。共演者への突撃インタビューもこなすなど、見どころ満載の映像となっている。

2
監督&キャストたちのロング・インタビューをお届け!

さらに先月行われた記者会見から、クリス・マッケイ監督、クリス・プラット、J・K・シモンズ、イヴォンヌ・ストラホフスキーのロング・インタビューをお届けする。

――迫力のアクションが満載の本作を演じる上で、一番大変だったアクションシーンを教えてください。
クリス・プラット(以下CP): アクション満載の映画だからシーンもたくさんあって、決めるのが難しいな。その中でも印象に残っているのは 2051 年の未来に渡るシーン。マイアミの空から地上のプールの中に落ちる設定で、フォークリフトを使った高層の飛び込み台から水の中にジャンプするのが楽しかった。自分が飛び込んだ後にカメラマンも撮影のために後に続き、さらに俳優たちを水に沈めるためにスタントマンも飛び込んで身体の上に乗られた。2,3日で撮影したけれど、とてもクールで楽しい体験だった。水の中でもカメラでクローズアップを撮られたりして、肉体的にきつかったけれどエキサイティングな撮影だった。

J・K・シモンズ(以下JK):私は水の中ではなかったけれど、(アイスランドでの)氷の中のシーンが普通とは違った意味で爽快で楽しかった。とてもチャレンジングで寒かったけれどね。すごく大変だった氷河の間を滑り落ちるシーンがカットされてしまったが、それはきっと続編で使われると信じている(笑)。

イヴォンヌ・ストラホフスキー(以下YS):クリスと一緒に撮影した発電所のシーンかしら。発電所の一番高い場所で細い鋼の梁の上を走らなくてはならなかったのだけれど、上から地面が見えるの。高所恐怖症ではなくても、いざ梁の上を走る段階になったらやり遂げられるか確信が持てなかった。もちろんワイヤーでは吊られていたけれど、最初に1,2歩あるいてみた時はどうなることかと思った。その後は下に落ちることなく、うまく行くと信じて臨んだ。落ちたらキャッチしてもらえるとしても、ちょっと怖かったわね。しかも映画の撮影が開始されてからすぐの出来事だったの。

CP:あの梁は本当に狭かった。落ちたらキャッチしてもらえるから死ぬことはないだろうけれど、その前に宙吊りになるまでにどこか身体を打ち付けて怪我しそうで恐ろしかった。イヴォンヌの方が僕よりもはるか上手にこなしていた。2,3回試して、その後すぐ本番に臨んでいたよね。僕なんか梁が自分の足の幅より狭くて、どうしようかと思った。彼女はバランス感覚がよくて、ドラマ『CHUCK/チャック』でアクションの経験を積んでいるから大丈夫だったかもしれないけれど、あのシーンは本当に大変だった。

――本作は未知の生物と戦うSFアクションですが、次世代の人々に受け継いでいくことの意味のような、家族をテーマにした物語も盛り込まれています。また未来で起こる悲劇を招いてしまった責任は現代の我々にある、といった環境問題などについて考えさせられる内容にもなっています。このように SF に現代の社会問題を取り込んだストーリーラインについてどう思われますか。

JK:それは、まさに私がこの作品に参加しようと思った理由の一つだ。脚本を読んだ時にSFを描いた大きなテーマと共に語られている家族や社会問題を扱ったテーマも読み取れた。クリス演じるダンの家族を中心とした素晴らしい家族の話と、私が演じる父親と疎遠になっているダンの話。最初に本を読んだ時に、そこから始まると思われる物語に期待を膨らませたね。その後、色々な意味で世界を救っていくことになるのだが、この作品に関われて本当に良かったと感じている。

クリス・マッケイ監督(以下CM):脚本の中で大事だと思ったのは、未来に対してどんな責任が果たせるのか、どのようにしたら世界をもっと良い場所にできるのか、一人一人にどんなことができるのか。そのようなことが描かれているところだ。私は SF アクションやホラー映画が好きで、子供の頃からそのようなジャンルの映画が撮りたいと思っていた。だけれども今はジョン・カーペンダーとジョン・カサヴェテスの作風を合わせたような映画が作りたいと考えている。人間ドラマもきちんと入れた物語にしたくて、今回はオリジナルな SF 映画が製作できたと思う。素晴らしいキャストによる壮大なスケールで描かれた作品で、心温まり、考えるきっかけを与えるテーマも盛り込んでいる。

YS:今の時代をとても反映した内容だと感じた。パンデミックでみんな大変で、会いたい人にもなかなか会えないけれど、それぞれが自分には何ができるかを考えて団結している。映画は去年からの私たちの体験を反映していて、とても良いタイミングで公開されると思う。そして願わくはこれからの私たちの生き方に良いヒントを与えてくれればと。環境問題などに関してもね。現代社会を生きる私たちみんなにとっての問題だから。

――この作品で未来のために戦うのは30歳以上の人間という興味深い設定になっていますが、このことに関してどう思われますか?
CP:第二次世界大戦やベトナム戦争を描いた作品では18歳ぐらいの若者が戦っているという設定も映画も多い。戦争にいきなり行かされて、子供から大人へと成長することを強いられる。本作の場合は未来を救うために徴兵されるのは30歳以上の大人で、未来で訓練をしてくれるのは30歳以下の若者だ。徴兵された大人たちは未来を救うために戦う。僕が演じるダンは妻と娘を守るために命をかける。従来の映画では大人たちから子供を奪って戦争に行かせるけれど、この映画では子供達から大人を奪って戦争に行かせる。テーマが全く違っていると思う。

――対立する親子の関係をどのように演じたかを教えてください。
JK:基本的なことは脚本に書かれていたけれど、クリスとセットで関係を築いていく中で、どうすればさらに演技に深みを持たせられるか、様々な角度から検討した。自由に演技させてもらっていたので、1つのシーンを6,7テイク撮れば、監督はその分だけ違うバージョンの素材が得られたはずだ。感情、ドラマ、情熱、コメディ、毎回違うさじ加減でクリスと演じてみた。

――多くの人が“年上の尊敬できる人の影で生きること”に共感できると思いますが、このことについてどう思われますか?
CP:ネタバレなしで深く語るのが難しいな。ダンは映画の冒頭では幸せな生活を送っているように見える。だけれども実際は自分の人生に満足していない。父親とは疎遠で、自分の抱えている問題を父親のせいでそうなったと感じている。だが物語が進むにつれて実際は父親との共通点があるということに気がついていく。そして父親を受け入れて許す気持ちになる。父親も大変な人生を送っていたことが分かる。ずっと親だと思っていた人たちだけれど、その人たちにも子供時代があった。子供だった人たちが子供を作った。そのことに気がつけた時に彼らを許すことができる。親も神様ではないからね。自分も親になってみて気づく。ダンは認めたがらないかもしれないけれど、思った以上に二人には共通点がある。マッチョな腕もね(笑)。鍛え上げた J・K の腕は本当にすごい。素晴らしくカッコいいよ。

――プラットさんは今回製作総指揮も務められましたが、マッケイ監督と仕事をされてみていかがでしたか?
CP:素晴らしい体験だったよ。監督とは以前にも(『LEGO(R)ムービー』で)一緒に仕事をしたことがあり、長年映画を撮ってきた人だけれど、今回は実写のSF超大作だ。彼にとっても製作総指揮を務めた僕にとっても大きなステップになったと思う。本当にたくさんのことを学んだ。マッケイ監督をはじめ優秀なスタッフに囲まれて仕事ができてとても感謝している。彼は一緒に作業することを歓迎してくれるけれど、とても明確なヴィジョンを持っている。だからこの映画は100%彼のものだ。僕は脚本家から監督になった人を大勢知っている。マッケイ監督はポストプロダクションの経験が長く、その後アニメの監督を経て実写の監督になっているけれど、こういった経歴を持つ人が優秀な監督になるのだと感じている。現場のプロセスを知り尽くしているからね。映画の知識も豊富で、とてもエネルギッシュな人だ。セットでもいつもエネルギーに満ち溢れている。アイスランドの氷河で撮影した時も、カメラを肩に担いで歩きにくい雪の中、高いところにいる僕のところにやってきて「俺はこのような仕事をするために監督になった!」と言ってのけた(笑)。本当に情熱的でヤバい監督だ。彼の次回作が楽しみで仕方がない。僕も関われるといいな。この映画で高額予算の超大作を撮れることが証明されて、次は自分のやりたいことがなんでもできるようになるだろうからね。

クリス・プラット(左)とクリス・マッケイ監督

――監督に伺います。高額予算の実写映画を撮ってみていかがでしたか?VFXも多くアニメーションも関わってくるので、今までの経験がとても役立ったと思われますが。
CM:そうだね、今までの経験はとても役立った。最初はアニマティックスの作成から始めた。ほとんどのシーンのストーリーボードとアニマティックスを準備した。けれどもすべてVFXに頼った映画にはしたくなかった。例えばマイアミで人々が逃げ惑うシーンでは役者に自由度を与えたかった。またクリスがエイリアンに追われるシーンでも臨場感がある撮り方をしたかった。だからVFXと実写のさじ加減を見ながら撮影を進めた。またクリスとイヴォンヌの海岸でのシーンもプランは立ててあったけれど、二人に自由に動いてもらった。カメラのクルーもそれに対応してもらうようにして、その場で生まれるリアルな雰囲気を引き出すようにした。どのシーンでも計画に沿うのではなく、役者たちが良いと思うやり方で進めるようにした。みんなで一緒に作り上げて行った方が満足できるものが撮れると思ったから。アニマティックスなどできっちりと準備をすることも大切だが、同時に役者が自由にやりたいことをできる環境も整えた。素晴らしい才能を持ったキャストが集まっているからね。

――エイリアンのホワイトスパイクのクリーチャーデザインについて伺います。映画の中で見られる最終形に至るまでの開発のプロセスを教えてください。
CM:脚本には彼らは白い身体でスパイクがあって爪があるなどいくつかのポイントが書かれていた。でもそれだけだったので、解釈の仕方は様々でデザインするにあたって自由度があった。エイリアンの種類としてはゼノモーフやプレデターなどがあるが、あまり似たようなデザインにはしたくなく、インパクトがあってとにかく恐ろしいものを造り上げたかった。太古から生息しているような、とても飢えている強欲なクリーチャーを。質感としては、表面はとても硬くかつ傷やいろいろな物がついている。古代からずっと生きているからね。それが映像を通して伝わるようにデザインした。また肩は攻撃に備えた鎧のようなものに。戦う武器としては、触腕やスパイクを持っている。私は H・P・ラヴクラフトの大ファンなので、彼が「宇宙的恐怖(コズミック・ホラー)」と呼んでいた独特の世界観も意識した。
デザインチームが数多くの素晴らしいデザインのアイデアを考えてくれたので、映画の続編を製作する機会があったら、そこで活用できれば良いと思う。(クリーチャー・デザイナーの)ケンがとてつもなく強欲で恐ろしいクリーチャーを造形してくれた。それを男性版として使用することになり、男性版を基に女性版も制作した。チームとの作業はとても楽しかった。ホワイトスパイクが最高最強として受け止められ、映画の中で良い効果をもたらすことを願っている。

――ホワイトスパイクは本当に恐ろしかったです。彼らと戦うときは何を見ながら演技をしましたか?
CM:スタントマンのトロイだ(笑)。

YS:相手がそこにいない場面も多く、そんな経験は初めてだった。時々トロイやエイリアンの模型を相手にすることもあったけれど、多くの場合は自分一人だけの演技で自由に動き回ってアクションを行なった。すごく楽しかったわ。その後、ポストプロダクションで私の動きを中心にシーンを作り上げていくの。素晴らしい技術だと思った。クリスもそこにいない敵とカッコよく大奮闘して戦っていた(笑)。

CP:小道具などを相手にして戦わない方がはるかに動きに自由度が増す。そして、その後に作業するアニメーターたちの良い仕事にも繋がっていく。プロップが相手だとどうしても動きの範囲が狭まってしまう。でもそうでない場合、想像しながら演技をしてアニメーターがそこから工夫してシーンを完成させる。楽しいプロセスだよね。そこにいない相手から逃げて戦う方法は今回大いに経験させてもらって、ポッドキャストで1エピソード分話せそうだ。
相手が身長2メートル以上あるトロイの時は「投げ飛ばされて、完全にやられそうだ」と怖くて足がすくんだけれど、彼が全身タイツ姿の時はそこまで怖くない(笑)。そしてワイドショットを撮る時は相手がいない。撮影する角度にもよるけれど、壮大なシーケンスは様々なサイズのショットで構成されるからね。ただクローズアップのシーンで恐怖などの感情を表さなくてはならない時は、実際に俳優などの目を見て演技をする必要がある。そうやってお互いに感情を引き出せあえるから。シーンによって戦う相手がいたり、いなかったりする。演技をすること自体恥ずかしいことだったりするけれど、相手がそこにいなくて戦わなくてはならない演技ではかなり恥ずかしい思いをする(笑)。

CM:クリスと J・K が氷河の上で敵と戦うシーンは日が暮れていく中での撮影だった。沈んでいく夕日をバックに中央にいるクリーチャーとクリスと J・K が戦っている場面はとても美しい。だが編集前の映像を見ると、二人の男が雪の中で暴れて、倒れて、転がって、また立ち上がっている姿が映っているだけだ。この映像に音楽をつけて編集したら楽しいものに仕上がるだろうね(笑)。

――ありがとうございました。

作品情報

トゥモロー・ウォー
Amazon Prime Videoで独占配信中
【作品ページ】https://www.amazon.co.jp/dp/B095KXHHP1

【キャスト】
クリス・プラット、イヴォンヌ・ストラホフスキー、ベティ・ギルピン、サム・リチャードソン、エドウィン・ホッジ、J・K・シモンズ ほか
【スタッフ】
監督:クリス・マッケイ
脚本:ザック・ディーン
プロデューサー:デヴィッド・エリソン、ダナ・ゴールドバーグ、ドン・グレンジャー、ジュールス・デイリー、デヴィッド・ゴイヤー、アダム・コルブレナー
エグゼクティブプロデューサー:ロブ・コーワン、クリス・プラット、ブライアン・オリバ ー、ブラッドリー・J・フィッシャー

©2021 SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND PARAMAUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事