イタリアの映画監督ピエル・パゾロ・パゾリーニの影響を受けた「フェンディ 2021年秋冬クチュールコレクション」が発表、『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督が構成を手掛けたファッションショーの動画も公開された。

イタリアの巨匠パゾリーニから影響を受けたコレクションのショー動画が公開

ローマを代表するブランド、フェンディが「フェンディ2021年秋冬クチュールコレクション」を発表。アーティスティックデザイナーを務めるイギリス出身のキム・ジョーンズによると、本コレクションは『ソドムの市』などで知られるイタリア人映画監督ピエル・パオロ・パゾリーニの影響を受けているという。

「パゾリーニは近代化していくローマを目の当たりにしました。時代をつなぎ、古きものと新しきもの、過去と現在を結びつけること、そこにこそ私は興味を引かれるのです」とキム・ジョーンズ。さらに「ローマは様々な過去を持つ魅惑的な都市です。私はパゾリーニの世界観に常に刺激を受けてきました。彼はローマの歴史においてはアウトサイダーのようなものですが、その影響力は依然として衰えていません」と語った。

このたび配信されたオートクチュール ファッションショーは、 ローマ史の様々な時代が織り交ぜられた現代的背景の中に、パゾリーニの現実に対する視点が反映、あるいは屈折した形で表れている。フォルムとファブリックによる無限のイリュージョンを作り出したのは、イタリア人映画監督のルカ・グァダニーノ。彼自身のパゾリーニ像を通じてショーを構成したという。音楽を担当したのは作曲家マックス・リヒター。『メッセージ』や『アド・アストラ』など、多数の映画音楽を手掛けた彼による楽曲にも注目だ。

キム・ジョーンズは「私はずっとルカの作品を敬愛してきました。彼はパゾリーニのように、今の時代にとって切実なテーマに言及する表現者です」と絶賛。一方のルカ・グァダニーノは「歴史家は歴史を直接見つめます。しかしパゾリーニのような映画監督、そして詩人としても巨匠といえる表現者は、歴史を見つめ、昇華させます。彼の目を通して歴史は切実にして繊細な現代性を帯び、過去が現在に入り込み、私たちと同じ空気を呼吸するのです」と語っている。

ショーにおける“古代ローマの文化の交差点”は、あらゆる年齢のモデルで構成される多様なキャストにも反映されている。キム・ジョーンズは「当時、ローマは世界の中心でした。その時代にこの地に暮らしていたであろう、そして今暮らしているすべての人々を仲間に加えたいと思ったのです」とコメント。ローマの過去と未来に目を向けるフェンディの精神に、またしても新しい命が吹き込まれた。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事