『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968)『ゾンビ』(1978)などゾンビ映画の第一人者であり、ホラー映画の巨匠、2017年に他界した故ジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた幻の未発表映画『アミューズメント・パーク』が、半世紀を経て10月15日(金)よりシネマカリテにて公開。また一般公開に先駆け、新宿シネマカリテで開催中の映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション®2021」 内にて、ロメロの命日である7月16日(金)に先行上映。このたび、本作の予告編と新たな場面写真が解禁された。

「ジョージ・A・ロメロ監督作品史上、最も“痛ましい”映画」

今回解禁された予告編は、「外は楽しくない」と落胆するボロボロの老人(リンカーン・マーゼル)に対し、「自分で確かめる」といい、意気揚々と外出する綺麗な装いの老人(リンカーン・マーゼル)を映し出すところから始まる。

テロップには「ジョージ・A・ロメロ監督作品史上、最も“痛ましい”映画」という文字が流れる。

若者たちで賑わう「アミューズメント・パーク」。老人は混雑の中での移動は困難で邪魔者扱い。スリにもあう。人々は老人に厳しい。「誰もが行きつく先…」というテロップが、観るものの目を覚まさせる。そして老人は「何も…何も…何もないんだ」と嘆く。老人の後ろ姿をとらえたカットの、その肩の落ち方が凄まじく、観ているこちらもいたたまれなくなる。

当時のアメリカ社会を描いた内容に依頼者は慄き、封印されていた

1978年に『ゾンビ』を発表し全世界を恐怖のどん底へ叩き落し、以降の“ゾンビ映画”というジャンルを確立した故ジョージ・A・ロメロ監督の幻の未発表映画が発見されたのは3年前。4Kレストアが行われ、ついに日本公開される。

本作はもともと年齢差別や高齢者虐待について世間の認識を高めるためにルーテル教会がロメロに依頼した企画だったが、出来上がった作品は老人の悲惨な状況が容赦なく映され、そのあまりにもストレートに当時のアメリカ社会を描いた内容に依頼者は慄き、封印されていた。

ロメロがある意味での教育映画を撮っていたという希少性。ホラー映画ではないがロメロの視点で現実を映し出した貴重な作品であり、半世紀封印されていた幻の作品だ。

作品情報

アミューズメント・パーク
2021年7月16日(金)カリコレ®2021にて先行上映
2021年10月15日(金)より新宿シネマカリテにて、ほか全国順次公開

監督:ジョージ・A・ロメロ
出演:リンカーン・マーゼル
1973年/アメリカ映画/53分/原題:THE AMUSEMENT PARK
キングレコード提供 ビーズインターナショナル配給

©2020 George A. Romero Foundation, All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事