アカデミー賞にもノミネートされ、高畑勲監督も絶賛したフランスの映画監督シルヴァン・ショメ監督による大ヒット・アニメーション『ベルヴィル・ランデブー』が「三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー」より本日7月16日(金)にブルーレイで発売、デジタル配信を開始する。これを記念して、シルヴァン・ショメ監督からコメントが到着した。

「アニメーションは、現実の世界をリアルに描くことができるのです」

本作はかつて高畑勲監督から 「人生のほろニガさが、惻々(そくそく)と伝わってくる」と評され、日本では7月9日(金)よりリバイバル公開中、そして 2022 年には製作から 20 周年を迎え、今なお多くの人に愛され続けている名作だ。

特に魅力的な老人が登場する作品を多く生み出してきたショメ監督は、「題材として老人と子供が登場するのが重要だと思います。『ベルヴィル・ランデブー』では、おばあさんと孫の自転車選手、『イリュージョニスト』では、年老いたマジシャンと少女。現在準備中の新しいアニメーション作品は、年老いた作家と子供時代の彼自身が出会い、人生について語る話です。私は老人が子供や若者と出会う話が好きです。『ベルヴィル・ランデブー』の最後におばあさんは亡くなり、孫は老人になります。アニメーションは、現実の世界をリアルに描くことができるのです。それが私には重要です。宮崎駿監督の映画が多くの人に愛される理由もそこにあると思います。年老いていく過程や死を見せることは、素晴らしいのです」と語っている。

『ベルヴィル・ランデブー』には、フランス文化の定番をあちこちに散りばめたと語るショメ監督。「この映画では、料理が大変重要で、皆さんに“文化”としてお伝えしています。(他の文化圏から見れば)奇妙なものをおいしそうに食べていますが、スープの中にカエルがいるでしょう。すごくおぞましいですね。でもフランス人には、何の問題もありません。だってそれはおいしいですから」。

また、「映画に真の愛情と敬意を持った人たちと映画を見るのに最高の場所は、映画館だと思います」と強く語るショメ監督だが、自宅にはホームシアターもあり、ちょっとした映画館気分を味わうこともあるよう。VHS が主流だった『ベルヴィル・ランデブー』の制作当時に比べて、「最近のブルーレイの品質の素晴らしさは驚くばかりです」とショメ監督も認める『ベルヴィル・ランデブー』のブルーレイを、この機会にぜひご自宅でも楽しんでみよう。

発売情報

ベルヴィル・ランデブー
2021年7月16日(金)発売
ブルーレイ︓5,170 円(税込)
発売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン

■作品紹介︓戦後まもないフランス。内気で友達のいない孫のシャンピオンに、三輪車を買い与え
たおばあちゃん。シャンピオンはついにツール・ド・フランスに参加するまでになるが、レースの最中に謎のマフィアに誘拐されてしまう…。最愛の孫を救うため、おばあちゃんと愛犬・ブルーノ、そして偶然出会った陽気な三つ子の老婆達による不思議な大冒険が始まる!

© Les Armateurs / Production Champion / Vivi Film / France 3 Cinéma / RGP France / Sylvain Chomet

■公式サイト︓child-film.com/Belleville
■商品に関してはこちら︓https://www.disney.co.jp/studio/ghibli/0620.html

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事