『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』など、名作揃いのミュージカル映画。そこに、なんと「ゾンビ映画」がドッキング⁉ 本格ホラーを珠玉のポップスで彩るという斬新なアイデアで、世界各地のファンタスティック映画祭で話題を呼んだ『アナと世界の終わり』が映像配信サービスdTVで配信スタートした。

思わず口ずさみたくなるキャッチーなメロディと歌詞、華やかなダンスシーンが目白押し

舞台は、イギリスの田舎町リトル・ヘブン。主人公のアナは、幼い頃に母を亡くし、現在は父親のトニーと二人暮らし。刺激のない田舎町の生活に嫌気が差して、卒業後はオーストラリア旅行を夢見ている普通の女子高生。

そんな何の変哲もない日常が、謎のウイルスの蔓延によって突如一変! ゾンビだらけになってしまった街で、アナはクラスメイトのジョンたちとともに、生き残りを懸けた戦いに挑むことになる。

PG12に指定されているだけあって、本作ではしっかりゾンビアクション&ホラー描写も楽しめるが、ゾンビ映画はちょっと苦手……と構える必要はない。今作の見所はアナたちが熱演するミュージカルシーン。

学校で、街中で、時にはゾンビとの戦いの最中にも、思わず口ずさみたくなるキャッチーなメロディと歌詞、華やかなダンスシーンが目白押し。

オススメは、「この狭い街から逃げたい」と願う青春ソング「Break Away」や、大勢の生徒によるダンスが楽しめる「Hollywood Ending」、プレイボーイのニックが勇ましくゾンビを退治するロックナンバー「Soldier At War」などなど。命がけの状況と、ポップさのバランスが見事だ。

ゾンビというファンタジーを描きながらも、その軸にあるのは父親との確執や将来への不安、片思いにジェンダー問題といった、青春にはつきものの悩み。アナと仲間たちがどのように壁を乗り越え、成長を遂げていくか、ぜひ結末を見届よう。

作品情報

アナと世界の終わり

~作品概要~
2017年製作。ゾンビが蔓延した町で戦う高校生たちの葛藤と成長をミュージカル形式で描き、世界各地のファンタスティック映画祭で話題を呼んだ青春ゾンビミュージカル。

~あらすじ~
イギリスの田舎町リトル・ヘブン。 高校生のアナ(エラ・ハント)は、父トニーと二人暮らし。 学校生活はくだらない連中に囲まれ、パッとしない毎日を送っていた。 こんな生活から抜け出したいアナは、父に黙って大学に進学せず世界を旅することを計画していたが、あるクリスマスの日この計画がバレてしまう。 トニーと大ゲンカしたアナは夢も希望もないこの町にウンザリしていたが、バイトの帰り道に幼馴染のジョン(マルコム・カミング)に励まされ、少しだけ元気を取り戻すのだった。 翌朝、気持ちを切り替えたアナはジョンと一緒にいつも通り学校へ向かう。 その途中、スノーマンの着ぐるみを着た血だらけの男が突如現れ、アナは公園にあったシーソーを使って男の頭を吹き飛ばす! なんと、男の正体はゾンビだったのだ…! 果たして、アナはこの町を脱出することはできるのか-!? そして、腐ったように生きてきたこの人生にケリをつけることができるのか-!?

作品URL:https://video.dmkt-sp.jp/ti/10054330/
© 2017 ANNA AND THE APOCALYPSE LTD.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事