ホロコーストに加担したノルウェーの最大の罪を描いた衝撃の実話『ホロコーストの罪人』が8月27日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。このたび、幸せの頂点から一転、新婚夫婦の激動の別れまでを描いた衝撃シーン映像が解禁された。

なぜユダヤ人一家、ブラウデ家の幸せは奪われなければならなかったのか

本作は、ホロコーストにノルウェー警察・市民らが加担していたノルウェー最大の罪を描いた、知られざる衝撃の実話の映画化。

ノルウェー系ユダヤ人たちをベルグ収容所に連行して強制労働を監視し、アウシュヴィッツ行きのドナウ号が待つオスロの港に強制移送したのは同じノルウェー人であり、その結果、ドナウ号に乗船したノルウェー系ユダヤ人の多くがアウシュヴィッツでホロコーストの犠牲者となった。

なぜユダヤ人一家、ブラウデ家の幸せは奪われなければならなかったのか…。遠い出来事のように思える歴史的悲劇を、平凡なブラウデ一家を通して描くことで今を生きる人々にも身近な恐ろしさとして訴えかける、感情を大きく揺さぶる壮大なドラマとなっている。

出演は『獣は月夜に夢を見る』のヤーコブ・オフテブロ、『ソフィーの世界』のシルエ・ストルスティン、『ミレニアム』シリーズのミカリス・コウトソグイアナキスほか。監督は『HARAJUKU』で国内外の高い評価を得たエイリーク・スヴェンソン。

「必ずすぐ帰る。愛しているよ」

今回解禁となった本編映像は、1942年10月26日の朝、チャールズ・ブラウデ(ヤーコブ・オフテブロ)が新婚生活を送っている妻ラグンヒル(クリスティン・クヤトゥ・ソープ)との甘い生活から一転、警察に逮捕されてしまう衝撃的なシーン。

朝目覚めると小鳥に話しかけ、ベッドの中で新しい新居について相談するラグンヒル。新婚の二人にはとても幸せな時間だった。しかし、突然ドアを叩く音と共に「警察だ」の声が。動揺するチャールズに「何をしたの? 夫として無責任だわ」と責め立てるラグンヒルだったが、ドアを開け何も説明しない警察に不安げな表情を見せる。

チャールズは警察に「2分だけ時間をくれ」と言うと、ラグンヒルに「必ずすぐ帰る。愛しているよ」と言葉を残し連行されてしまう。信じられない出来事にラグンヒルは涙を浮かべ立ちすくむのであった…。

チャールズを演じたヤーコブ・オフテブロは、可憐で献身的かつ強い女性を演じた妻役のクリスティン・クヤトゥ・ソープについて「良い共演シーンがたくさんありましたし、おっしゃる通りラグナヒルというキャラクターの性質をバランスよく完璧に演じていたと思います。とても才能のある俳優です」と共演できてとても嬉しかったと大絶賛。

解禁されたラブシーンについても「もちろん沢山話し合いました。実際の2人がどんな人物だったかとか、どんなカップルだったのかとか。彼女とはとてもやり易かったです。直感的に演じることができる人で、アドリブも得意です」と振り返っている。

あわせて読みたい
作品情報

ホロコーストの罪人
2021年8月27日(金)、新宿武蔵野館 ほか全国順次公開

監督:エイリーク・スヴェンソン 脚本:ハラール・ローセンローヴ=エーグ、ラーシュ・ギュドゥメスタッド
製作:マーティン・サンドランド 音楽:ヨハン・セデルクヴィスト
出演:ヤーコブ・オフテブロ、クリスティン・クヤトゥ・ソープ、シルエ・ストルスティン、ピーヤ・ハルヴォルセン、ミカリス・コウトソグイアナキス、カール・マルティン・エッゲスボ

2020 年/126 分/カラー/ビスタ/5.1ch ノルウェー語・ドイツ語/ノルウェー/日本語字幕:高橋澄 PG-12

原題:Den største forbrytelsen 英題:Betrayed 後援:ノルウェー大使館

配給:STAR CHANNEL MOVIES

©2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト:https://holocaust-zainin.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事