ナショナルジオグラフィックやディズニーネイチャーのドキュメンタリー作品を手掛け、タイムラプス映像のパイオニアと言われる映像作家ルイ・シュワルツバーグが、きのこ・菌類の秘めたる力に迫った驚異と希望のドキュメンタリー映画『素晴らしき、きのこの世界』が、9月24日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開される。このたび本作の冒頭映像が解禁された。

「あなたも感じ取ったなら—— 私たちは仲間よ」

わたしたちの足もとにあるのは、知られざる宇宙。土の中には地球を守るために菌類のネットワークが張り巡らされており、菌類によるその広大なネットワークは、物質を腐らせ分解し、菌類同士や他の生物と栄養素を共有、つながりを形成し、それを生きた土壌に変えてきた。我々の目に留まるきのこは土の上にある部分にすぎず、その本体のほとんどは地下に広がる菌糸体。動物でも植物でもない不思議な生物なのだ。

このたび公開されたのは、本作の冒頭映像。きのこの映画というと、物語の舞台は木々が生い茂る森や湿った地面を連想する人が多いだろうか。しかし、本作はまるでSF映画のような無数の星々が輝く、宇宙の場面から始まる。

そこに、無類のきのこ好きだという俳優ブリー・ラーソンが、観る者に優しく語りかける声が重なっていく。「かすかに感じる―― 永遠に脈打つもの あなたも感じ取ったなら―― 私たちは仲間よ」。映像はその声と共に我々を森へと誘う。彼女が本作で務めるのは、きのこや菌類の声だ。

その後、「地球に命をもたらす 目に見えないけどあなたのすぐそばにいる あちこちに存在する」という声と共に映し出されるのは、鮮やかな黄色の粘菌(変形菌)が、植物の葉脈や動物の血管のように伸びていく姿。ラーソンの声は次第に勢いを増し、「暗い所にも 明るい所にも 一番古くて新しい 最も大きくて最も小さい 数十億年の英知を集めて 創造し復活し 時に嫌われる そして再生する」と続く。

そして、「We are マッシュルーム(私たちはキノコよ)!」で締めくくる。ここだけでも美しい詩の朗読のようで、その後の本編がどのように続いていくのか、気になる映像となっている。

人間の命を救うほどの力も持っていると言われる、きのこ・菌類の可能性を提示

きのこ・菌類は、食物としてだけでなく、様々な生命の再生や維持、アルツハイマーやがんなどの治療、環境汚染の浄化にまで役立つことから、地球上の様々な問題へのきのこの応用が今、期待されている。本作は、幻覚作用をもたらす一方で、人間の命を救うほどの力も持っていると言われる、きのこ・菌類の可能性を提示する。

ラーソンと言えば、自身の偉大な力と向き合う最強のスーパーヒーロー「キャプテン・マーベル」を演じているオスカー俳優だが、本作でもある意味で地球を救うスーパーヒーローを演じたと言える。偉大で神秘的なきのこの力を知ることで、鑑賞後には誰もが未来への希望を感じるはず。きのこが地球上の生命へどれだけの貢献をもたらすか。パンデミックを経験し、希望をなくしがちな今だからこそ、心に響く一作だ。

ブリー・ラーソンによるナレーションほか、菌類学者のポール・スタメッツや『フード・インク』(08)にも出演したジャーナリストのマイケル・ポーラン、人気フードライターのユージニア・ボーンら様々な専門家が登場し、医療や治療、環境問題などに対する菌類を使った知られざる解決策を明かしていく。

本国アメリカではなんと20週にわたる超ロングラン上映が行われ、予想をはるかに超えるヒットを記録。アメリカの映画批評サイト、ロッテントマトでも100点を獲得するなど高評価を受けている注目作だ。

作品情報

素晴らしき、きのこの世界
2021年9月24日(金)、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

ナレーション:ブリー・ラーソン/出演:ポール・スタメッツ、マイケル・ポーラン、ユージニア・ボーン/監督:ルイ・シュワルツバーグ/脚本:マーク・モンロー

2019年/アメリカ/英語/ドキュメンタリー/81分/アメリカンビスタ/原題:Fantastic Fungi/日本語字幕:畑アヤ子/字幕監修:保坂健太郎(国立科学博物館 植物研究部)

配給・宣伝:アンプラグド

© 2018, Fantastic Fungi, LLC

公式サイト:kinoko-movie.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事