第78回ゴールデングローブ賞にて俳優部門2部門のノミネートを果たし、ジョディ・フォスターやベネディクト・カンバーバッチ、タハール・ラヒムらの実力派が共演した話題作、『モーリタニアン 黒塗りの記録』が10月29日よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開致します。このたび本作の主人公の一人であり、悪名高きグアンタナモ収容所から自由のために戦ったモハメドゥ・ウルド・スラヒにスポットを当てたインタビュー映像が解禁された。モハメドゥの人間性に共鳴したジョディ・フォスターやベネディクト・カンバーバッチのコメントにも注目だ。

ジョディ・フォスター「モハメドゥと彼自身の物語は私たちに多くを教えてくれる」

モハメドゥ・ウルド・スラヒは、アメリカ同時多発テロの首謀者の一人とみなされ罪状なしでキューバにある米軍施設グアナンタナモ収容所に不当拘禁された人物。モハメドゥは人権派弁護士ナンシー・ホランダーのサポートによって、収容中にグアナンタナモ収容所での非道な経験を記した手記を発表。アメリカ政府の検閲で2,500か所の黒塗りが残ったまま2015年に出版されるも、世界各国で一大ベストセラーとなった。

このたび解禁された映像には、本作のモデルとなったモハメドゥ・ウルド・スラヒ、ナンシー・ホランダー弁護士、そしてジョディ・フォスター、ベネディクト・カンバーバッチ、ケヴィン・マクドナルド監督が出演。物語のキーとなる本編映像を織り交ぜながら、それぞれがモハメドゥ・ウルド・スラヒへの思いなどを語っている。

ナンシー・ホランダー弁護士を演じたジョディ・フォスターは「モハメドゥと彼自身の物語は私たちに多くを教えてくれる。謙虚さや人間性だけでなく許しと精神力を」と語り、そのナンシー・ホランダー弁護士本人は「夢のようなキャストだわ。タハール・ラヒムはモハメドゥを完璧に演じて本当に素晴らしかった」と太鼓判。一方、モハメドゥ・ウルド・スラヒはジョディ・フォスターが演じたナンシー・ホランダー弁護士について「昔はあんな美人だったのさ」と楽しそうに語る。

モハメドゥ・ウルド・スラヒは14年間に及ぶ拘禁後、解放された現在も行動を制限されているが、南アフリカでの撮影現場への見学は多くの関係者の協力により実現した。

長い不当拘束下にあっても人間性を失わなかったモハメドゥについてベネディクトは「人間の精神力が驚くほどに逞しいことを知った」と感嘆し、ケヴィン・マクドナルド監督も「傷つけられたり、危害を加えられたときに相手を許すことは難しい。でも彼はそれを体現した」とリスペクトしきりだ。

劇中のワンシーンで、タハール・ラヒム扮するモハメドゥは言う。「アラビア語で“自由”は“許し”と同じ単語です」と…。9.11同時多発テロから早20年。しかし真実はどれくらい語られたのだろうか? 『モーリタニアン 黒塗りの記録』でのその断片の一つを目撃してみよう。

作品情報

モーリタニアン 黒塗りの記録
2021年10月29日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

監督:ケヴィン・マクドナルド『ラストキング・オブ・スコットランド』 『消されたヘッドライン』
出演:ジョディ・フォスター、ベネディクト・カンバ―バッチ、タハール・ラヒム、シャイリーン・ウッドリー、ザッカリー・リーヴァイ
原作:モハメドゥ・ウルド・スラヒ「モーリタニアン 黒塗りの記録」(河出文庫)

2021年/イギリス/英語・アラビア語・フランス語/129分/ドルビーデジタル/カラー/スコープ/5.1ch/原題:THE MAURITANIAN/G/字幕翻訳:櫻田美樹 
配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ

© 2020 EROS INTERNATIONAL, PLC. ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト kuronuri-movie.com 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事