2021 年の全世界公開映画の興行収入ランキング第2位に輝いた『こんにちは、私のお母さん』(1月7日公開)のメイキング動画が解禁された。中国で知らぬ人はいないジア・リンのコメディエンヌとしての顔から監督、そして初主演女優としての表情の変化が捉えられた、貴重な映像となっている。

「タイムスリップの題材はありきたり。だからこの作品には価値とストーリー性を持たせようと考えた」

本作は、興行収入約 937億円で 2021 年の全世界公開映画の興行収入ランキング第 2 位に輝き、2021 年中国興行収入・第 2 位、中国歴代興行収入・第 3 位(12 月 15 日現在・Box Office Mojo調べ)、世界最高の興行収入を獲得した女性監督の栄冠を手にしたジア・リン監督作。

舞台・テレビ・映画で活躍する人気喜劇女優ジア・リンが、亡き母との実話を元に、監督・脚本・主演に初挑戦した本作は、元気と明るさだけが頼りで、何をするにもまるでダメで母に苦労ばかりかけていた娘が、母と巻き込まれた交通事故をきっかけに 20 年前の 1981 年にタイムスリップし、迷惑をかけてきた母の幸せのため、別のお金持ちの男性と結婚させるべく孤軍奮闘していく物語。

監督のジア・リンが映画のパラレルワールド内でストレートに表現した「最愛の母にしてあげたかった親孝行や、話したかったこと」、(日本の Z 世代を中心に昭和レトロが流行ったように)タイムスリップによる 1980 年の古き良き中国の懐かしくて温かい情景などが、笑いと涙と感動を呼び起こし中国全土で多くの共感を得た。

今回解禁されたのは、監督・脚本・主演を兼任し、撮影時 39 歳にしてヒロインの高校生を演じたジア・リンの現場での様子やインタビューを収録したメイキング映像。「頭の中の光景を映像化したの」という監督の現場での奮闘ぶりが映し出され、共演者たちの「監督は多方面に気を配る」「監督として真面目で妥協を許さない」「才能だけでなく人間性もすばらしい」というコメントも。

「タイムスリップの題材は多いし、ありきたり。だからこの作品には価値とストーリー性を持たせようと考えた」「ほかの仕事も断り、この作品に集中した」「いい作品に作り上げたい」という監督の本作への強い思い入れが伝わる映像となっている。

作品情報

こんにちは、私のお母さん
2022年1月7日(金)より全国公開

監督・脚本:ジア・リン 出演:ジア・リン、チャン・シャオフェイ、シェン・トン、チェン・フー、リウ・ジア
2021年/中国映画/中国語/128分/カラー・モノクロ/シネマスコープ/5.1chデジタル/原題:你好,李煥英(英題:Hi, Mom)/字幕翻訳:本多由枝

配給:Tiger Pictures Entertainment、ハーク 配給協力:EACH TIME

© 2021 BEIJING JINGXI CULTURE & TOURISM CO., LTD. All rights reserved

公式HP hark3.com/himom

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事