香港警察アクションの新たなる金字塔を打ちたてた『レイジング・ファイア』(現在公開中)が1月7日(金)より拡大公開されるのにあわせて、本作で久しぶりの顔合わせとなったドニー・イェンとニコラス・ツェーが共演シーンを振り返る貴重なインタビュー映像が解禁された。さらに、本作のラストに流れ、歌詞がエモいと話題沸騰の主題歌のショートMV映像も日本語歌詞付きで特別公開された。

「印象に残ったシーンはアクションだけでない。セリフで表現することがとても楽しかった」

正義を貫くチョン警部(ドニー・イェン)と、彼とかつて師弟関係だった復讐に燃える元警官ンゴウ(ニコラス・ツェー)がそれぞれの怒りの炎を激突させる本作は、アクションシーンだけでなく、二人の運命を分かつことになった、ある過去の事件をめぐる二人の感情のぶつけ合いも見どころのひとつ。

本作を観ることを「見レイジング・ファイア!」と呼んで多くのファンが熱い感想をアップし、早くも複数回リピートする人も続出。1月1日~2日のミニシアターランキングでは1位を獲得するなど大きな盛り上がりをみせている。

今回解禁されたインタビュー映像では、ニコラス・ツェーが「時には、勝負は大きなアクションとは限らない。むしろ勝負は4ページの会話にあります」と語り、「何もない部屋、そこには二人だけ。これこそ対決だ」と、容疑者と疑われたンゴウがチョン警部から取調室で尋問をうけるシーンを振り返る。

さらに「あとは墓地のシーンも好きだ」と、劇中チョンと久々に対面する場面をあげ、「印象に残ったシーンはアクションだけでない。セリフで表現することがとても楽しかった」と語る。

またドニー・イェンも取調室でニコラスに詰め寄る場面を「静かな対峙と動きのある対峙があるが、あのシーンは強烈だった。お互いにピークに達していた」とコメント。

さらに、ンゴウが闇落ちするきっかけになった4年前の法廷でのシーンを振り返り、「法廷でチョンとンゴウの会話はないが、彼は私がどう検察官に答えるか見ている、そして私も彼が自分を見ているのはわかっている。会話がなくてもそこには交流が存在する」と説明。

そして「私はどのように演じるかを考えた。仲間と正義のどちらかを選ばなければならない。真相を語らなければならないが、そうすると彼を傷つけてしまう」と、ンゴウの存在を感じながら、チョンの感情を演じていたことを明かす。ドニーもニコラスとの久々の共演を楽しんでいたようだ。

インタビューの合間には、現場でドニー、ニコラスそしてベニー・チャン監督が和やかに話すシーンもあり、撮影現場の充実ぶりが感じられる。

そして今回、主題歌のショートMV映像も特別公開。ドニー・イェンとニコラス・ツェーの共演は劇中だけにとどまらず、本作の主題歌を歌うニコラスからのオファーを快諾し、ドニーもMV撮影に参加。ギターのニコラスに対し、ドニーはピアノを弾きまくる。その主題歌は、本作の世界観を表しており、今回特別に日本語歌詞もつけられている。

『レイジング・ファイア』はTOHOシネマズ日比谷他全国順次公開中。

作品情報

レイジング・ファイア
2021年12月24日(金)TOHOシネマズ日比谷他 全国公開

STORY
すべての悪を憎むチョン警部が、何年も追い続けた極悪犯ウォンの薬物取引に、遂に踏み込む日がやって来た。ところが、直前になってチョンのチームは作戦から外され、警察の動きを熟知した何者かが、捜査官たちをウォンの一味もろとも惨殺しブツを奪う。捜査線上に浮かび上がったのは、元エリート警察官で、チョンを師のように慕っていたンゴウと彼の元部下たちだ。遡ること4年前、チョンとンゴウを永遠に引き裂く事件が起きていた。その時、生まれたンゴウの闇より深い復讐心が、さらに恐るべき計画を企てていた──。

監督・脚本・プロデュース:ベニー・チャン
主演・アクション監督・プロデューサー:ドニー・イェン 主演:ニコラス・ツェー チン・ラン
スタント・コーディネーター:谷垣健治
原題:怒火・重案/2021/香港・中国/カラー/シネスコ/5.1ch/126分/字幕翻訳:鈴木真理子/PG12

配給:ギャガ

©Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited ALL RIGHTS RESERVED

公式サイト gaga.ne.jp/ragingfire/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事