2021年4月10日、11日(現地時間)に英ロンドンで開催された第74回英国アカデミー賞(BAFTA)授賞式に、プレゼンターを務めたフィービー・ディネヴァーをはじめ、シンシア・エリヴォ、タハール・ラヒム、アシュリー・マデクウェ、ググ・バサ=ローらが、ルイ・ヴィトンをまとって登壇した。

©LOUIS VUITTON
©LOUIS VUITTON

カスタムメイドのシルクガウンをまとって登場したのは、Netflixドラマ『ブリジャートン家』の長女ダフネ役でブレイク中のフィービー・ディネヴァー。シンプルなスタイルで、ホワイトゴールドにダイヤモンドが眩しいリングと、ホワイトゴールドにダイヤモンドとツァボライトをあしらったイヤリングが際立つ着こなしを披露した。

©LOUIS VUITTON
©LOUIS VUITTON

歌手としても活躍する女優シンシア・エリヴォは、2021年秋冬ランウェイコレクションからルック26とサンダルをセレクト。存在感たっぷりのハイジュエリーコレクション「ステラータイムズ」のリングと、「ライダーズ・オブ・ザ・ナイツ」のイヤリングがアクセントに。

©LOUIS VUITTON
©LOUIS VUITTON

『モーリタニアン』で主演男優賞にノミネートされたフランス人俳優タハール・ラヒムは、鮮やかなブルーが目を引くカスタムメイドのスーツとブーツを着用。最新コレクション「タンブール ストリート ダイバー」の時計を合わせて。

©LOUIS VUITTON

『County Lines(原題)』で助演女優賞候補となった英国人女優アシュリー・マデクウェは、華やかなサテンのカスタムメイドガウンで登場。ジュエリーはポメラート。

©LOUIS VUITTON

女優ググ・バサ=ローはビーズとスパンコールの刺繍が施されたドレスで、会場のロイヤル・アルバート・ホールのレッドカーペットに登場した。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事