『バイオハザード』シリーズ最新作にして原点を描く『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』の初日舞台挨拶イベントが1月28日に行われ、日本語吹替版声優を務めたファイルーズあい、木村昴、沢城みゆき、梶裕貴が登壇。公開生アフレコや“最も怖いタイトルコール選手権”も行われ、会場は大盛り上がりを見せた。

ファイルーズ「ホラー映画が好きなので、自分が主人公になれてまた1つ夢が叶いました」

満席の会場から割れんばかりの拍手で迎えられて登場したのはファイルーズあい(クレア・レッドフィールド役)、木村昴(クリス・レッドフィールド役)、沢城みゆき(ジル・バレンタイン役)、梶裕貴(レオン・S・ケネディ役)の4人。それぞれに本作の感想やキャラクターについてのエピソードなどを振り返った。

大ヒットしている大人気ゲームの映画化ということで、主人公のクレア・レッドフィールド役のファイルーズは「子供の頃にゲームをやったことがあったので話が来た時は焦りました。歴史ある作品に出演することができて嬉しかったです」とオファーを受けた時の気持ちを吐露。

クレアの兄クリス・レッドフィールド役の木村は「今回は『バイオハザード』の原点なんですけど、原点かーって(笑)。なんでも原点って気になるじゃないですが。ゾンビの映画って得意じゃなかったんですけど」と話すと、木村は「ビクビクしながらやったのも楽しかったです」とお茶目に答えた。

さらにジル・バレンタイン役の沢城は「有名な作品なので凄いんだろうなと思いつつ、ホラーが苦手なのでワンちゃんがゾンビになったのが怖くて…」というと、そのシーンに全員納得。

続けて梶は「僕も本来ホラー映画は苦手なんですが、この映画はそれでも面白かった! ゲームの内容を復習しつつ演じました」と熱く語った。

スクリーンには声優陣が演じたキャラタクターが投影され、ファイルーズは「クレアは強くて憧れの女性」と説明し「ホラー映画が好きだったので、自分が主人公になれてまた 1つ夢が叶いました」と感激した様子。木村は「ホラー映画ですから、他のところでやっている木村とは違うので!」と強調しつつ「ナチュラルさで演じているので楽しんでほしい」とアピール。梶は「レオンは"甘いマスクで頼もしいキャラクター"というイメージが強いと思うんです。実際、僕もそうでしたし。でも本作の彼は、コミカル要素が多めの三枚目として描かれていて。新人警官という役どころだからか、ヘタレでイジられキャラな印象が強かったですね。なので…自分の中にあった確固たるレオン像を崩していくのが、最初大変でした」と苦労した点を明かした。

次に映画の本編から3つのシーンを生アフレコするという豪華企画を実施。たくさんの観客が見守る中、本番さながらのアフレコに、木村は「緊張しますね」といいつつ楽しんでいる様子。錚々たる豪華声優陣が演じるホンモノの生声に場内からは、割れんばかりの拍手が起こった。

そして『思わず会場も凍る?! 最も怖いタイトルコール選手権』を実施。どれだけ『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』というタイトルを怖く叫べるかという企画に、沢城は自身の役のジルの声で正統派に「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」とタイトルを叫ぶと、梶が「僕、これ CM で聴いたことある気がする!」とすかさずコメント。

続いて梶は、怖い感じでいくと宣言し「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ。絶対に見てくれよな!」とコミカルに日常アニメのように叫び、「一番怖いのは人間ですから」と、まるで落語のオチのようにコメント。ファイルーズは、長年ホラー映画を見た自身の解釈で挑むと宣言し、「ランランランラン♪ バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」とメロディを口ずさみながら小さい子の声で叫び、ホラーっぽさを見事に演出。

トリを飾った木村は、小さい子の声で(ファイルーズを)モロパクリとすると宣言すると「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」となんと木村のお馴染みのあの声でタイトルを叫ぶと、全員大爆笑。すると梶は「小さい子と(木村が)言った時に、これはやる気だな!と思った(笑)」とコメント。各々が素晴らしい声と個性的なアイデアで挑戦し、会場は大盛り上がりだった。

舞台挨拶の最後に梶は「参加できて本当に嬉しいです。リスペクトの気持ちをこめて演じさせていただきました。原点を描いた作品。ぜひ映画館で楽しんでください」と話し、沢城は「また新たに誕生した作品に携われて嬉しかった。映画ならではのジルを楽しんでほしいです」、木村は「ゲームをされた方はおおいに楽しんでくれると思います。もちろんゲームをしてなくても映画として楽しめます。ドキっとすると思いますが、あーラストがいいたい!!…ぜひお楽しみください」と最後まで笑いで場を和ませていた。

ファイルーズは「皆さんがゲームをリスペクトしているのを感じていたので、声で参加でしたけど、それをとても強く感じられました。ぜひ映画では違ったキャラクターを楽しんでください」と締めくくった。

『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』は大ヒット上映中。

作品情報

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ
2022年1月28日(金)全国ロードショー

原題:Resident Evil: Welcome To Raccoon City
US 公開日:2021 年 11 月 24 日予定
脚本・監督:ヨハネス・ロバーツ
出演:カヤ・スコデラリオ(クレア・レッドフィールド)/ハナ・ジョン=カーメン(ジル・バレンタイン)/ロビー・アメル(クリス・レッドフィールド)/トム・ホッパー(アルバート・ウェスカー)/アヴァン・ジョーギア(レオン・S・ケネディ)/ドナル・ローグ(ブライアン・アイアンズ)/ニール・マクドノー(ウィリアム・バーキン)

配給:ソニー・ピクチャーズ

オフィシャルサイト: https://www.biomovie.jp/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事