17 歳のトランスジェンダー女性の痛みと希望を描く映画『私はヴァレンティナ』(4月1日公開)の日本版予告編映像が完成した。また、ファッションモデルのイシヅカユウによる映画コラム「VIVA VALENTINA!」が本作の公式HPで解禁となった。

イシヅカユウ「私たちみんなの為の物語」

LGBTQ の権利保障に前向きに動き、同性婚も認められているブラジル。その一方、トランスジェンダーの中途退学率は82%、そして平均寿命は35歳と言われている。トランスジェンダーの少女が、あるがままでいることの難しさと、力強さを描いた本作。ヴァレンティナ役は自身もトランスジェンダーであり、著名な YouTuber でインスタグラマーとしても活躍中のティエッサ・ウィンバックが演じる。監督はショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2009 でオーディエンス・アワードを受賞した『秘密の学校』(08)のカッシオ・ペレイラ・ドス・サントス。

ブラジルの小さな街に引っ越してきた 17 歳のトランスジェンダー女性、ヴァレンティナ。新生活にも慣れてきた頃、見知らぬ男性に襲われる事件が起き、それをきっかけに送信者不明のアウティングメールが。学校や学生、その親たちをも巻き込んだ騒動に発展するのだが…。今回解禁された予告編では、ただ学校生活を送りたいと願いながら、それもままならないヴァレンティナの姿が描かれている。

本作を観たイシヅカユウはコラム内で「“トランスジェンダーの物語”という側面はあっても、それが全てでは無い、私たちみんなの為の物語」と感じたと語る。「従来のように、特別な、聖人君主のような美しい物語としてでは無く、全員が町の中にいる市井の人であり、その人々が各々、または一緒に自分達の人生と対峙していく物語になっていて、そこに私はとても勇気を貰えました」と続け、さらに「これから観る人には、身構えずに観て欲しいし、観終わった後も、問題提起と共にこの映画自体の魅力がもっと語られて欲しい」とまとめている。

『私はヴァレンティナ』は4月1日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

作品情報

私はヴァレンティナ
2022年4月1日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

監督・脚本:カッシオ・ペレイラ・ドス・サントス
出演:ティエッサ・ウィンバック、グタ・ストレッサー、ロムロ・ブラガ、ロナルド・ボナフロ、マリア・デ・マリア、ペドロ・ディニス

原題:Valentina

【2020年/ブラジル映画/ポルトガル語/95分/スコープサイズ/カラー】

配給:ハーク 配給協力:イーチタイム 後援:ブラジル大使館

©2020 Campo Cerrado All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事