切なく哀愁を帯びたメロディを殺伐とした轟音で包み込む、アメリカン・オルタナティブ・ロックの核をなしたバンド、ダイナソーJr.初のバンド公認ドキュメンタリー映画『ダイナソーJr./フリークシーン』(3月25日公開)の日本版予告編が解禁された。

「J がギターを持つと、俺とマーフは慌てて耳に詰め物を入れにトイレに逃げ込んだもんだ」

80 年代 US ハードコア/パンクの直撃を受けた面々によって 1984 年、マサチューセッツ州で結成された〈ダイナソーJr.〉。アメリカのアンダーグラウンドからメジャーシーンまで、80 年代末から 90 年代のオルタナティブ・ロックの巨大なうねりの中核として活動、しばしの活動休止を経て現在も新たな音楽を生み出し続けている轟音バンドだ。本作はそのダイナソーJr.の歴史を、オリジナル・メンバーである J・マスキス(G./Vo.)、ルー・バーロウ(B.)、マーフ(D.)の三人の関係性にフォーカスしながら貴重な過去のフッテージを交えて描く、バンド自身が製作に関わったバンド公式のドキュメンタリー映画。

このたび完成した日本版予告編は、映画のタイトルにもなっているダイナソーJr.の代表曲「フリーク・シーン」から勢いよく始まるが…J・マスキスの無気力なしゃべりが一気にトーンを下げる。「J がギターを持つと、俺とマーフは慌てて耳に詰め物を入れにトイレに逃げ込んだもんだ」とルーが話すエピソードの後、「音が、巨大すぎた。」のコピーと共に 87 年リリースのセカンドアルバム「You're Living All Over Me」からの「Raisans」の轟音が鳴り響く。

そして、ボブ・モールド(ハスカー・ドゥ)、ヘンリー・ロリンズ(ブラック・フラッグ)、ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)、ソニック・ブーム(スペースメン 3)の面々がダイナソーJr.について語り、ソニック・ユースのキム・ゴードンが「彼らは音楽を通して交流する」と発言する。まさに大轟音を奏で、そしてメンバーは言葉を交わさず音楽のみで通じ合うダイナソーJr.というバンドを表現する内容となっている。そして最後にはトレモロ奏法爆裂の超大作名曲「Sludgefeast」になだれ込み、「無言のロードショー」という公開表記で終わる。

『ダイナソーJr./フリークシーン』は3月25日(金) シネマート新宿・シネマート心斎橋ほかにて公開。

作品情報

ダイナソーJr./フリークシーン
2022年3月25日(金) シネマート新宿・シネマート心斎橋ほかにて公開

監督:フィリップ・ロッケンハイム
製作:ステファン・ホール、アントワネット・コスター、フィリップ・ロッケンハイム
共同製作:ダイナソーJr.、J・マスキス
出演:ダイナソーJr.(J・マスキス、ルー・バーロウ、マーフ)、キム・ゴードン(ソニック・ユース)、ヘンリー・ロリンズ(ブラック・フラッグ)、ボブ・モールド(ハスカー・ドゥ)、サーストン・ムーア(ソニック・ユース)、フランク・ブラック(ピクシーズ)、ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)、ソニック・ブーム(スペースメン 3)、マット・ディロン
2020 年|82 分|ドイツ=アメリカ合作|原題:FREAKSCENE the story of Dinosaur Jr.

キングレコード提供
ビーズインターナショナル配給

© 2020 by Rapid Eye Movies/ Virus Films/ Dinosaur Jr. Inc.

公式サイト dinosaurjrmovie.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事