ミニシアター系の配給会社ムヴィオラが独自のオンライン映画館「シアター・ムヴィオラ」を2月10日(木)AM10時よりオープンする。また、会員限定の配給作品などの最新情報、チケット・グッズのプレゼント情報、オンライントーク情報を提供する「ムヴィオラ・メンバーズ」の会員募集もスタートする。

第一弾配信作品はアピチャッポン・ウィーラセタクン監督の『光りの墓』など

ムヴィオラは2000年以来、ミニシアター系の洋画を中心に配給を行う配給会社。小さな規模ながら、世界の映画祭で話題を呼んだ作品、いち早く見るべき監督の作品、日本では紹介が少ない地域や題材の作品などを積極的に手がけ、ワン・ビン、アピチャッポン・ウィラーセタクン、ヤスミン・アフマド、フレデリック・ワイズマンといった監督の作品でも知られる。昨年2021年の公開作は『春江水暖〜しゅんこうすいだん』『ブックセラーズ』『リル・バック ストリートから世界へ』『スウィート・シング』『ボストン市庁舎』、2022年の作品は 2/26 公開『金の糸』、4/9 公開『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ 2022』、4/23 公開『インフル病みのペトロフ家』など。

2月10日よりスタートする「シアター・ムヴィオラ」はムヴィオラ配給作品をオンラインで鑑賞できる独自の配信サービス。配信形態は「TVOD(都度課金型動画配信)」 、見たい作品ごとにレンタルのうえ視聴する形となる。今月のピックアップ作品を選び、監督やスタッフ、キャストの紹介、作品の背景、配給会社だから語れる製作者の意図などを多角的に紹介し、より深く映画を紹介するのが特徴だ。第一弾配信作品ラインナップとして『ラサへの歩き方~祈りの 2400km』(チャン・ヤン監督)、『草原の河』(ソンタルジャ監督)、『光りの墓』(アピチャッポン・ウィーラセタクン監督)、『タレンタイム 〜優しい歌』(ヤスミン・アフマド監督)、『死霊魂』(ワン・ビン監督)などを予定している(第一弾配信作品ラインナップ一覧はページ下部にて)。

『ラサへの歩き方~祈りの2400km』
『草原の河』
『光りの墓』
© Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『タレンタイム 〜優しい歌』
©Primeworks Studios Sdn Bhd.
 
『死霊魂』
©LES FILMS D’ICI-CS PRODUCTIONS-ARTE FRANCE CINÉMA-ADOK FILMS-WANG BING 2018

あわせて「ムヴィオラ・メンバーズ」の会員募集もスタート。会員限定で、ムヴィオラ配給作品&「シアター・ムヴィオラ」の最新情報を届け、配給作品のチケットやグッズのプレゼント、オンライントーク&レクチャーなどを実施する。

スタートにあたって配給会社ムヴィオラ代表・武井みゆきは「この2年間、映画に関わる仕事をしている誰もが「何かを変えなくては」「何かを始めなくては」と考え続けてきたと思います。私たちも小さな会社ながら、少しでも自分たちが信じる映画を継続して紹介していくために何かを始めたいと考えていました。その答えが「シアター・ムヴィオラ」「ムヴィオラ・メンバーズ」です」とコメントしている(コメント全文は下記)。

「シアター・ムヴィオラ」とは

・WEB サイト URL: http://moviola.jp/theatermoviola/ *2 月 10 日AM10 時オープン
・配信形態:「TVOD(都度課金型動画配信)」 *見たい作品ごとにレンタルのうえ視聴。
・料金:(税込)550 円・1100 円(『鉄西区』『死霊魂』のみ 1100 円)
・視聴期間:3 日・7 日(『鉄西区』『死霊魂』のみ 7 日)
・特徴:今月のピックアップ作品を選び、監督やスタッフ、キャストの紹介、作品の背景、配給会社だから語れる製作者の意図などを多角的に紹介し、より深く映画を紹介。

【第一弾配信作品ラインナップ】*順次作品は追加。
『ラサへの歩き方~祈りの 2400km』チャン・ヤン監督
『草原の河』ソンタルジャ監督
『世紀の光』アピチャッポン・ウィーラセタクン監督
『光りの墓』アピチャッポン・ウィーラセタクン監督
『タレンタイム 〜優しい歌』ヤスミン・アフマド監督
『もうひとりの息子』ロレーヌ・レヴィ監督
『ルイ 14 世の死』アルベール・セラ監督
『わたしは、幸福(フェリシテ)』アラン・ゴミス監督
『ぶあいそうな手紙』アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督
『無言歌』ワン・ビン監督
『鉄西区』ワン・ビン監督
『鳳鳴(フォンミン)—中国の記憶』ワン・ビン監督
『収容病棟』ワン・ビン監督
『苦い銭』ワン・ビン監督
『死霊魂』ワン・ビン監督
『祝福〜オラとニコデムの家〜』アンナ・ザメツカ監督
『リル・バック ストリートから世界へ』ルイ・ウォレカン監督

「ムヴィオラ・メンバーズ」とは

会員限定で、ムヴィオラ配給作品&「シアター・ムヴィオラ」の最新情報を届け、配給作品のチケットやグッズのプレゼント、オンライントーク&レクチャーなどを実施。

・無料会員登録制
・会員登録(無料)はこちらから
https://docs.google.com/forms/d/1M8SC6YSONZrXX0ScqztFouJISYKiljP47CJixs7M-lQ/prefill

【初回チケットプレゼント】
『金の糸』 作品&公開情報:http://moviola.jp/kinnoito/
応募の詳細はこちらから
https://note.com/moviola/n/ndb3ae2fde438

【初回オンライントーク】
トークテーマ:今年のベルリン映画祭、気になる作品は?
詳細はこちらから
https://note.com/moviola/n/n7bf38f7088d3

「シアター・ムヴィオラ」「ムヴィオラ・メンバーズ」
スタートにあたって挨拶

この2年間、映画に関わる仕事をしている誰もが「何かを変えなくては」「何かを始めなくては」と考え続けてきたと思います。私たちも小さな会社ながら、少しでも自分たちが信じる映画を継続して紹介していくために何かを始めたいと考えていました。その答えが「シアター・ムヴィオラ」「ムヴィオラ・メンバーズ」です。

これまで、ムヴィオラが配給する映画は、配信向きではないと考えていたことがありました。自分自身が、映画は等身大より大きなスクリーンで見たい=映画館で見るのが好き、ということもありますが、「メジャーな有名俳優や監督の映画ではない」「配信で人気のジャンルがない」というラインナップですし、実際、大手配信サイトでの売り上げは大きくはありません。また、DVD レンタルも不向きと判断され、セルしか発売していない映画もあります。

ただそれでも、手がけてきた作品は素晴らしいものだと信じていますし、長い権利期間の間、もっと多くの観客にアクセスしたいと思い、私たち自身の手で配信する場を設けることにしました。もっと多角的で深い情報とリンクしながら、丁寧に映画を届けることを特徴として考えました。

映画館のファンでいたいという気持ちに変わりはありませんが、それ以上に「この映画をたくさんの人に見てもらいたい」という気持ちで買ってきた映画を、1 度でも多く、見てもらえることを願っています。そして、配信での出会いから映画の沼にハマり、映画館に行かずにはいられない映画ファンが生まれることを願って。応援よろしくお願いします!

配給会社ムヴィオラ 代表・武井みゆき

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事