チェルノブイリ原子力発電所で起きた「人類史上最悪」といわれる原発事故を、事故の当事国だったロシア映画界が実話に基づいて映像化した『チェルノブイリ1986』(5月6日公開)。本作で監督と主演を兼任したダニーラ・コズロフスキーからコメントが到着。あわせて新たな場面写真も解禁された。

監督をしつつ主演という大役を担ったのは「自然な欲求」

1986年4月26日、ウクライナ・ソビエト連邦プリピャチのチェルノブイリ原子力発電所で起きた爆発事故。この未曾有の大惨事は、のちに超大国のソ連が崩壊した一因になったとも言われ、数多くのドキュメンタリーなどで映像化されてきた。

本作は、ロシア映画界が政府や国営原子力企業の協力を得て、他とは全く違った視点から事故の真実を描く作品。人々の日常生活や生命をどれほど脅かし、彼らの人生に壊滅的な影響を与えたのか。事故発生当時、現地で撮影した経験を持つプロデューサーが、爆発直後に現場に急行した消防士たちの苦闘や避難民たちの混乱ぶりなど、一般市民の視点からリアルに映し出した、映画だからこそ描けたヒューマン・スペクタクル巨編だ。

主人公の消防士アレクセイを演じたダニーラ・コズロフスキー監督は、監督をしつつ主演という大役を担った経緯について「自分のプロとしてのスキルや役柄のレパートリーを増やしたいという自然な欲求から、この作品に出演することを決めました」と挑戦せずにはいられなかったと話す。

また事故の当事国だったロシアで初登場 NO.1 という快挙については「私が気恥ずかしくなるほど称賛してくれました」と喜びを語っている。

新たに解禁されたシーン写真は9点。チェルノブイリ原子力発電所の原子炉が爆発したと知らせを受け、事故現場に駆けつける若き消防士アレクセイは、混乱の中、元恋人のオリガと離れ離れになってしまう。心配していたオリガだったが病院でアレクセイの姿を見つけると、駆け寄り抱きしめる。そんな2人の愛が詰まったシーンの他、原発事故の危機感がまだない人々が、逃げるため派遣されたバスの横でぼんやり空を見上げる姿、治療から戻ってきた息子を抱きしめるオリガの心温まる姿などが切り取られている。

『チェルノブイリ1986』は5月6日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

作品情報

チェルノブイリ1986
2022年5月6日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

製作・監督・主演:ダニーラ・コズロフスキー『ハードコア』
製作:アレクサンドル・ロドニャンスキー『殺人狂騒曲 第9の生贄』
出演:オクサナ・アキンシナ『ミッション・イン・モスクワ』、フィリップ・アヴデエフ『LETO-レト-』
原題:Chernobyl 1986
2020 年/ロシア/ロシア語/135 分/シネスコ/5.1ch
字幕翻訳:平井かおり/字幕監修:市谷恵子/配給:ツイン G

©«Non-stop Production» LLC, ©«Central Partnership» LLC, ©«GPM KIT» LLC, 2020. All Rights Reserved.

公式サイト chernobyl1986-movie.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事