現地時間2月8日に第94回アカデミー賞ノミネートが発表され、ペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルス主演による7度目の黄金コンビで贈るスペイン映画『Parallel Mothers』(英題)が、主演女優賞と作曲賞の2部門にノミネートされた。キノフィルムズ配給作品。

ペネロペが受賞すれば助演女優賞を受賞した『それでも恋するバルセロナ』以来14年ぶり

本作は昨年のヴェネツィア国際映画祭で主演女優賞を受賞したのを皮切りに、パームスプリングス国際映画祭、ナショナルボードオブレビュー、ロサンゼルス映画批評家協会賞など数々の海外映画賞で主演女優賞を獲得。さらに作品でもゴールデングローブ賞(非英語映画賞)や英国アカデミー賞など由緒ある映画賞でも作品賞にノミネートされるなどの評価を得て、スペインのアカデミー賞とも言えるゴヤ賞では作品賞を含む8部門でノミネートされている。

描かれるのは、同じ日に出産を迎える二人の母の物語。写真家として成功しているハニスと17歳の少女アナは、 同じ病院の産科病棟で偶然出会い、共にシングルマザーとして、同じ日に出産することになる。やがて強い絆を育んでいく二人の人生が描かれる。

ペネロペ・クルスのアカデミー賞ノミネートは、2006年アルモドバル監督の『ボルベール<帰郷>』で初めて主演女優賞に、2008年の『それでも恋するバルセロナ』と2009年の『NINE』で助演女優賞にノミネートされて以来、本作で4度目となる。

今回受賞すれば、2008年に助演女優賞を受賞した『それでも恋するバルセロナ』以来14年ぶりとなる。

授賞式は現地時間3月27日にロサンゼルスのドルビー・シアターで行われる予定。

作品情報

Parallel Mothers(英題)

監督・脚本:ペドロ・アルモドバル
出演:ペネロペ・クルス、アイタナ・サンチェス=ギヨンほか

Photo credit: Iglesias Más
© Remotamente Films AIE & El Deseo DASLU

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事