2020 年のサンダンス映画祭での上映をはじめ、多数の映画祭で賞を受賞した音楽恋愛映画『ディナー・イン・アメリカ』のDVDが2022年4月6日(水)に発売されることが決定した。3月18日(金)には先行で配信がリリースされる。

DVDには特典映像としてFワード総集編が収録される予定

本作は、家族や周囲から変人扱いされているという共通点を持つ、一見正反対で出逢うはずのない2人が繰り広げるパンクなラブストーリー。過保護に育てられた孤独で臆病な少女パティの唯一の楽しみはパンクロックを聴くこと。そんな彼女がひょんなことから警察に追われている怪しい男サイモンを家に匿うが、実はこの男は彼女が心酔するパンクバンド“サイオプス”の覆面リーダー、ジョンQだった…。

本作をプロデュースしたのは、俳優としてはもちろんのこと『ズーランダー』『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』『LIFE!』などプロデューサーとしても大活躍のベン・スティラー。過激な内容で物議を醸した『バニーゲーム』の監督アダム・レーマイヤーが脚本・監督・編集を務め、撮影は『サマー・オブ・84』のジャン=フィリップ・ベルニエ、音楽は『ナポレオン・ダイナマイト』(旧題:バス男)のジョン・スウィハートが担当。

パティを演じるエミリー・スケッグスは舞台俳優としてキャリアを開始し、サンダンス映画祭でグランプリを獲得した『ミスエデュケーション』や『マイル22』などでも実力を積み重ねる。長編初主演となる本作では、彼女の魅力的な歌声も見どころのひとつとなっている。

もう一人の主演、カイル・ガルナーは『CSI: ニューヨーク』などのドラマや『エルム街の悪夢』『アメリカン・スナイパー』など、映画も出演作多数。

さらに『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのリー・トンプソン、日本でもおなじみ「24 TWENTY FOUR」シリーズでクロエ役を演じたメアリー・リン・ライスカブなどが脇を固める 。

監督も主演の二人も日本ではほぼ無名ながら、恋愛要素に加え、“普通”や“世間”に抗う若者たちの輝きを加えるアメリカのインディーズ映画として、劇場公開時に多くのファンの心を鷲掴みにした。

このたび発売されるDVDには、特典映像としてFワード総集編が収録される予定。不器用で社会不適合者だがピュアな二人の、キュートで過激なアナーキック・ラブストーリー『ディナー・イン・アメリカ』をおうち時間のスパイスとして楽しんでみてはいかがだろうか?

作品情報

ディナー・イン・アメリカ
2022年3月18日(金) デジタル配信開始
2022年4月6日(水) DVD発売、同日レンタル開始

■セルDVD
品番 : PCBE-56479
価格 : ¥4,180(本体¥3,800)
分数 : 本編106分+特典映像3分
音声 : オリジナル(英語) Dolby Digital 5.1chサラウンド
字幕 : 日本語字幕
画面サイズ : 16:9LB (シネマスコープ)
特典映像:
・劇場版予告
・Fワード総集編
※仕様、特典内容などは予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

【キャスト】
パティ役:エミリー・スケッグス 『ミスエデュケーション』、『マイル22』
サイモン役:カイル・ガルナー 『エルム街の悪夢』『アメリカン・スナイパー』
ケビン役:グリフィン・グラック 『 史上最悪の学園生活 』 、『 トールガール 』
ノーマン役:パット・ヒーリー 『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』、『バッド・エデュケーション』

【スタッフ】
監督・脚本・編集:アダム・レーマイヤー 『バニーゲーム』
プロデューサー:ベン・スティラー、ニッキー・ウェインストック、ロス・プットマン
音楽:ジョン・スウィハート 『ナポレオン・ダイナマイト』
撮影:ジャン=フィリップ ・ベルニエ 『サマー・オブ・ 84 』

発売元:ハーク
販売元:ポニーキャニオン

© 2020 Dinner in America, LLC. All Rights Reserved

配信&ブルーレイ情報サイト https://movie-product.ponycanyon.co.jp/item131/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事