名優ジム・ブロードベントとヘレン・ミレンが共演した映画『ゴヤの名画と優しい泥棒』が、いよいよ来週末2月25日(金)より全国公開。このたび、昨年9月に65歳の若さで逝去し、本作が長編遺作となったロジャー・ミッシェル監督の生前の貴重なインタビュー映像が解禁された。

「どの世界でも必要なんだ。常に権力に立ち向かって、全てに疑問を投げかける人間がね」

1961年にロンドン・ナショナル・ギャラリーで実際に起きたゴヤの名画「ウェリントン公爵」盗難事件の知られざる真相を描いた本作。事件の犯人ケンプトン・バントンは、テレビに社会との繋がりを求めていた時代に、孤独な高齢者の生活を少しでも楽にしようと、盗んだ絵画の身代金で公共放送(BBC)の受信料を肩代わりしようと企てたのだ。しかし、事件にはもう一つの隠された真相が…。

これまで『ノッティングヒルの恋人』(99)、『恋とニュースのつくり方』(10)、『私が愛した大統領』(12)、『ウィークエンドはパリで』(13)、『ブラックバード 家族が家族であるうちに』(21)など多くの話題作を手掛け、日本では6月にエリザベス女王のドキュメンタリー『エリザベス 女王陛下の微笑み』(22)の公開を控えているミッシェル監督。テンポの良いウェルメイドな作風で、多くの映画ファンを魅了してきたが、昨年9月に65歳の若さで惜しまれながら他界した。

今回届いた生前の貴重なインタビュー映像では、まず本作が実話であることに触れ、「“実話に基づく物語”という注釈がなければ、荒唐無稽な話だと思うよ。でも実話だし引き込まれる」とコメント。

脚本を読んで「イーリング・コメディ(※イギリスのイーリング・スタジオから主に50年代に誕生した傑作喜劇映画)みたいだと思ったね。60年代初頭のファミリー映画の偉大な作品をも彷彿させた」と話すミッシェル監督は、「ドタバタとも茶番劇とも違う。軽妙なコメディー作品で、ペーソスとドラマがあるが、笑えるところもある。脚本のクライブとリチャードは、面白さと事実を兼ね合わせた、すばらしい仕事をしてくれた」とその魅力を語り、脚本家へ賛辞を贈った。

主人公ケンプトンについては、「英雄と呼べる人間じゃない」「清廉潔白じゃない。でも憎めない男だ」と述べ、「ケンプトンは不朽の活動家だと思うね。ああいった人物はどの世界でも必要なんだ。常に権力に立ち向かって、全てに疑問を投げかける人間がね」と説明。また、ケンプトンを演じたジム・ブロードベントについては「笑えて愛嬌があり、おかしくて存在感もあり、リアリティもある。見事にハマっている。最高の演技じゃないかな」と絶賛した。

『ゴヤの名画と優しい泥棒』

本作ではケンプトンの妻ドロシー役を演じ、『クィーン』での英国女王から一転、家政婦としてエプロン姿も披露したヘレン・ミレンへも言及。「ヘレンの変貌ぶりには私も驚いた。エリザベス女王やエカテリーナ2世の彼女が演じたんだからね。着ぶくれさせて、歩き方も話し合った。打ちのめされたボクサーのように猫背になって、両腕を垂らしてみた。特殊メイクも話し合ったが彼女は効果には否定的だった。間違いなく見た人は、彼女の姿に驚くだろうね」とミレンの変貌ぶりを明かした。

『ゴヤの名画と優しい泥棒』撮影中のロジャー・ミッシェル監督

そして最後に「きっと笑って見てもらえるよ。気分が高揚して楽しめる。イギリス人好みの映画だから、見終わると笑顔になってるよ」とコメントを遺している。

映画『ゴヤの名画と優しい泥棒』は2月25日(金)より全国公開。

作品情報

ゴヤの名画と優しい泥棒
2022年2月25日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

【STORY】1961年。197年の歴史を誇る世界屈指の美術館・ロンドン・ナショナル・ギャラリーから、ゴヤの名画「ウェリントン公爵」が盗まれた。ロンドン警視庁はその巧妙な手口から、国際的なギャング集団による周到な計画による犯行だと断定。しかし、この前代未聞の事件の犯人は ケンプトン・バントン、60歳。長年連れ添った妻と優しい息子とニューカッスルの小さなアパートで年金暮らしをするごく普通のタクシー運転手だった。孤独な高齢者が、TVに社会との繋がりを求めていた時代。彼らの生活を少しでも楽にしようと、盗んだ絵画の身代金で公共放送(BBC)の受信料を肩代わりしようと企てたのだ。しかし、事件にはもうひとつの隠された真相が…。当時、イギリス中の人々を巻き込んだケンプトン・バントンの“優しい嘘”とは!?

監督:ロジャー・ミッシェル『ノッティングヒルの恋人』『ウィークエンドはパリで』
出演:ジム・ブロードベント、ヘレン・ミレン、フィオン・ホワイトヘッド、アンナ・マックスウェル・マーティン、マシュー・グード
後援:ブリティシュ・カウンシル 
2020年/イギリス/英語/95分/シネマスコープ/5.1ch/原題:THE DUKE /日本語字幕:松浦美奈

配給:ハピネットファントム・スタジオ

©PATHE PRODUCTIONS LIMITED 2020

公式サイト happinet-phantom.com/goya-movie/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事