2021年カンヌ国際映画祭では8分間におよぶスタンディングオベーションで喝采を浴び、ついに公開を迎えた日本でもSNS上に絶賛と感動の声があふれている『ブルー・バイユー』。このたび、監督・脚本・主演を務めたジャスティン・チョンのインタビュー映像が解禁となった。

「本作から前向きなものを生み出すことができたら、それこそが本望」

韓国で生まれ、わずか3歳で遠くアメリカに養子に出された青年が、自身は知る由もない30年以上前の書類不備で、国外追放命令を受け、二度と戻れない危機に瀕したらどうするか? アメリカの移民政策で生じた法律の“すき間”に落とされてしまった彼は、愛する家族との暮らしを守れるのか。不器用な生き方しかできない男、大きな愛で支えようとする女、義父を失う不安を抱える少女。本作は、家族を襲う不幸に揺れ動く3人を美しい映像と共に力強く描いた、愛と感動の物語。

このたび解禁されたインタビュー映像では、監督・脚本・主演を務めたジャスティン・チョンが映画の題材や作品に込めた想いを話している。

「家族」という題材については「家族とは自らの意思で選ぶもの、これがテーマだ。既に映画を鑑賞してるかもしれないが、アントニオからジェシーへの言葉を心に留めてほしい。“僕達は見た目も違うし血縁もない、それでも君を選んだ”つまり家族の絆ということにおいて血縁よりも、選択という行為がいかに強いのか、彼はそうやってジェシーを慰める。それは私から観客への問いでもあり、全編を通して投げかけている問題だ」と観客に向けてメッセージを送る。

さらに、この作品を作ろうと思った理由を「アイデンティティに悩みながら育ち、祖国だと思っていた国に追い出され、挙句の果てに自分は米国人ではないと宣告される。本当に想像すらつかない。心揺さぶられる出来事だ。私は今回こうしてこの問題と出会い学び始めたわけだが、広く人々にも知ってもらうため映画を作ろうと思った」と明かした。

最後にこの映画に期待することとして「本作を通じて世間の人々に気づきを促し、養子となった人たちの声を代弁できたらと思ってる。本作から前向きなものを生み出すことができたら、それこそが本望だと思ってるよ。世界中から養子縁組される子どもたちがいる。だから本作が問題提起のきっかけとなることを願ってる。そうなれば本当に素晴らしいことだよ。この映画にその力があれば人々にアートという枠を超えて大いに前向きなものをもたらすと思ってる」と述べている。

映画館で本作を鑑賞した観客からはSNS上で、「今年度ベスト10に入る名作です。号泣!!」「はじめて映画館で嗚咽がでるほど泣いたかもしれない」「主人公が下す決断に激しく心を揺さぶられる。余りに泣きすぎてマスクがびしょ濡れになってしまった」「涙腺が決壊してマスクがぐずぐずになる。一言、傑作!」と感動の絶賛コメントが相次いでいる。

『ブルー・バイユー』はTOHOシネマズ シャンテほか大ヒット上映中。

作品情報

ブルー・バイユー
2022年2月11日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

ストーリー
韓国で⽣まれ、3歳の時に養⼦としてアメリカに連れてこられたアントニオは、シングルマザーのキャシーと結婚し、娘のジェシーと3⼈で貧しいながらも幸せに暮らしていた。ある時、些細なことで警官とトラブルを起こし逮捕されたアントニオは、30年以上前の養父母による手続きの不備で移⺠局へと連⾏され、国外追放命令を受けてしまう。下手をすると強制送還されて二度と戻れない危機に瀕し、2人は裁判を起こして異議を申し立てようとするが、最低でも費⽤が5千ドルかかることがわかり途⽅に暮れる。家族と決して離れたくないアントニオはある決⼼をする。

監督・脚本・主演:ジャスティン・チョン/出演:アリシア・ヴィキャンデル、マーク・オブライエン、リン・ダン・ファム、エモリー・コーエン
2021年/アメリカ/原題:Blue Bayou 

配給:パルコ ユニバーサル映画

©2021 Focus Features, LLC.

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事