第70回ベルリン映画祭コンペ部門に出品、サリー・ポッター監督最新作『選ばなかったみち』(2月25日公開)の本編映像が解禁された。オスカー俳優ハビエル・バルデムが演じる、若年性認知症を患う父親に、エル・ファニング演じる娘が語りかけるシーンだ。

エル・ファニング「この役をリアルにするためにはふたりの絆が大事だと思った」

本作は、『耳に残るは君の歌声』『ジンジャーの朝〜さよなら、わたしが愛した世界』を手掛けたイギリスを代表する女性監督サリー・ポッターが、若年性認知症と診断された弟に介護で寄り添った経験をもとに自らが脚本も手掛けた物語。人生の岐路で自分の選んだ道は正しかったのか、もしも別の選択をしていたら? 胸の奥底にしまい込んだ過去の大切な出来事や記憶を繋ぎながら、人生の奥深さに迫る感動の問題作だ。

主人公である父レオ役は、圧倒的な存在感で観るものを引き付けて離さないオスカー俳優ハビエル・バルデム、娘モリーをイノセントな魅力を放ちながらも確かな演技力で数多の実力派監督と組んできた人気女優エル・ファニングが演じ、ついに父娘役で初共演を果たした。その他、ローラ・リニー、サルマ・ハエックら実力派名優が脇を固める。

本作が描くのは、ニューヨークのアパートにひとりで暮らす父レオ(ハビエル・バルデム)を娘モリー(エル・ファニング)が病院へ連れていくために彼を訪ねるある朝から始まる24時間。若年性認知症を患うレオが幻想として見る自身がかつて選ばなかった人生と、モリーが直面する厳しい現実が交錯しながら進んでいく。

記者として忙しい日々を送るモリーがレオの元を訪れるが、レオは部屋のブザーや電話に反応せず、モリーとヘルパーを心配させる。

今回解禁された本編シーンは、もうろうとするレオが部屋の向こうを見ていることに気付いたモリーが、父に語りかける様子を捉えたもの。大粒の涙を流すレオの視線の先には、家族でかつて飼っていた犬の写真が飾られていた。それを見ているように見えるレオが実際に見ているのは、かつて初恋の女性と出会った故郷メキシコでの幻想だった。

彼に語りかけるのは、その女性ドロレス(サルマ・ハエック)。ドロレスとレオは同じ大きな心の傷を抱えており、ドロレスは“死者の日”を迎え、ふたりで墓地へ行くことを切望していた。しかし、迷信だと考えるレオはその願いをまともに取り合おうとしない。続けて、ニューヨークの自宅のベッドにいるレオがドロレスの名前を口にする姿を捉えるが、モリーにはそれが誰なのか分からず、「誰なの?昔の知り合い?」と尋ねる。

モリーは父が見ているものを理解できないがそれでも、この24時間を通して誰よりも父の立場に寄り添い、彼が見ている世界を理解したいと願い続ける。同じ場所にいながら全く異なる光景を見ているふたりが、長い1日を経て辿り着くのはどんな光景なのか――

サリー・ポッター監督は、「このストーリーは、若年性認知症を患った弟の傍らにいた時に感じたことをもとにしています。彼の目をのぞき込むと、どこか別のところへ行き、心の奥では何かを体験しているようでした。別の現実へ自由に出入りする能力を持っているのではないかと思えました。その頃に見たことがどんなものだったのかを改めて考え直していた時に、ひとつのストーリーとして形にしたいと思うようになりました。心の病気を悲劇として描くのではなく、違った視点で描ければという思いがあったんです」と思いを明かす。

レオを演じたハビエル・バルデムと父娘という関係の築き方について、エル・ファニングは「この役をリアルにするためにはふたりの絆が大事だと思った。私たちはオープンで緊張感のある関係を模索したの」「ハビエルと私は、自分たちのシーンに関して前もってそれほどたくさん話すことを望まなかった。モリーとレオの関係はかけがえのない繊細なものだからこそ、普段やるほどのリハーサルもしていない。私がしなければならなかったことの多くがハビエルへの反応で、モリーがその瞬間に感じることは何かと考えていたの」と振り返っている。

『選ばなかったみち」は2月25日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。

作品情報

選ばなかったみち
2022年2月25日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開

【STORY】
ニューヨークに住むメキシコ人移民レオは作家であったが、認知症を患い、誰かの助けがなくては生活はままならず娘モリーやヘルパーとの意思疎通も困難な状況になっていた。ある朝、モリーはレオを病院に連れ出そうとアパートを訪れる。モリーが隣りにいながらもレオは、初恋の女性と出会った故郷メキシコ、作家生活に行き詰まり一人旅をしたギリシャへと彼女とは全く別々の景色をみるのだった―。

監督・脚本:サリー・ポッター 出演:ハビエル・バルデム、エル・ファニング、ローラ・リニー、サルマ・ハエック
2020年/イギリス・アメリカ/英語/86分/カラー/スコープ(シネスコ)/5.1ch 原題:The Roads Not Taken/
日本語字幕:稲田嵯裕里/G

配給:ショウゲート

© BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND THE BRITISH FILM INSTITUTE AND AP (MOLLY) LTD. 2020

公式サイト https://cinerack.jp/michi/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事