レオス・カラックス監督最新作『アネット』(4月1日公開)より、日本人出演キャストである古舘寛治、水原希子、福島リラからのコメントが到着。あわせて彼らの出演シーンの写真4点も解禁された。

「坂本龍一さんがカラックス監督に私を推薦してくれた」

常に世界に衝撃を与えつづけてきた鬼才監督レオス・カラックスの最新作『アネット』は、本作の製作プロデューサーも務めたアダム・ドライバーと実力派マリオン・コティヤールを主演に迎え、初めて全編英語でミュージカルに挑んだ作品。兄弟バンド「スパークス」がストーリー仕立てのスタジオアルバム「アネット」として構築していた物語が、カラックスの出会いによって映画へと発展し、唯一無二の作品が完成した。

このたび解禁されたのは、本作に出演する古舘寛治、水原希子、福島リラという3人の日本人キャストたちのシーン写真とコメント。

アン(マリオン・コティヤール)とヘンリー(アダム・ドライバー)の娘アネットの出産に立ち会う医師を演じた古舘寛治は「本人に会わないと決められないと言うカラックスは私のウェブサイトの動画を見て決めてくれたと聞いた」「その後に歌のリモートオーディションもあり、高い音の出ない我が喉がギリギリにクリアした。たった一日の撮影だったけどカラックスの演出はとても楽しかった」と振り返り、この傑作はぜひ映画館の大きなスクリーンで味わって欲しいです」と絶賛している。

古舘とともに出産に立ち会う看護師を演じた福島リラは「初めてのアンサンブルで緊張しましたが、監督の気さくさで楽しくできました」と監督に感謝し、本作について「観る人を今までみたことのない不思議な世界に連れて行ってくれる」とその独特の世界観を称賛する。

ある理由でヘンリーと闘うことになる女性の1人を演じた水原希子は、出演のきっかけを「坂本龍一さんがカラックス監督に私を推薦してくれた」と明かし、「(レオス・カラックス監督が)歌っている私のすぐ横で演出していましたが、何かを作るのに対して決まりがなく、こんなに自由でいいんだと感じました。すごく褒めてくださり、私ものびのびと表現に集中することができました」と語っている。3人のコメント全文は以下にて。

『アネット』は4月1日(金)ユーロスペースほか全国ロードショー。

コメント全文

古舘寛治(俳優)
「コロナ禍のせいで公開の遅れたアネット。私もようやく少し前に観ることが出来た。傑作だった。少しでもそんな作品に出られたことを幸運に思う。実はある方が私を推薦してくれたのだという。本人に会わないと決められないと言うカラックスは私のウェブサイトの動画を見て決めてくれたと聞いた。その後に歌のリモートオーディションもあり、高い音の出ない我が喉がギリギリにクリアした。たった一日の撮影だったけどカラックスの演出はとても楽しかった。人を乗せるのが上手い西洋文化のせいもあるだろう。本来映画の撮影ってこんなに楽しいものなんだということを思い出させてくれた。柔和なカラックスに代わって軍曹のような助監督が現場の規律を保ってもいた。大事なことを共演者と喋っていても「シーーーーっ」と黙らせるのだ(笑)。ケイタリングのうまさと種類の多さにはびっくりしたのも忘れられない。この傑作はぜひ映画館の大きなスクリーンで味わって欲しいです」

水原希子(モデル・女優)
坂本龍一さんがカラックス監督に私を推薦してくれたのが出演のきっかけでした。監督は日本人俳優を探していて、私もちょうどパリにいたので監督のオフィスを訪ね、後日、歌のオーディションを受けることになりました。自分なりに練習して臨みましたが、出演が決まってすごく嬉しかったです。撮影では、私以外はプロのミュージシャンで緊張しましたが、カラックス監督は本当に穏やかな方で、いい意味でリラックスした現場でした。歌っている私のすぐ横で演出していましたが、何かを作るのに対して決まりがなく、こんなに自由でいいんだと感じました。すごく褒めてくださり、私ものびのびと表現に集中することができました。撮影を通して多くのことを学ばせていただきましたし、出演できてとても光栄だと思っています。

福島リラ(モデル・女優)
「レオス・カラックス監督xスパークスのミュージカル映画?!」とお話を頂いた時は、とにかくどんな作品になるのかワクワクしました。初めてのアンサンブルで緊張しましたが、監督の気さくさで楽しくできました。彼独特の魔法がかかったこの作品は、観る人を今までみたことのない不思議な世界に連れて行ってくれると思います。

作品情報

アネット
2022年4月1日(金)ユーロスペースほか全国ロードショー

監督:レオス・カラックス  
原案・音楽:スパークス 歌詞:ロン・メイル、ラッセル・メイル & LC
キャスト:アダム・ドライバー、マリオン・コティヤールほか
上映時間:140分
原題:Annette

配給:ユーロスペース

© 2020 CG Cinéma International / Théo Films / Tribus P Films International / ARTE France Cinéma / UGC Images / DETAiLFILM / Eurospace / Scope Pictures / Wrong men / Rtbf (Télévisions belge) / Piano

公式サイト annette-film.com

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事