伝説的シンセポップバンド「a-ha」の軌跡を追ったドキュメンタリー映画『a-ha THE MOVIE』がいよいよ本日5月20日(金)より 新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。映画公開初日に合わせて、本編の冒頭映像が解禁された。

「ケンカになるだけだから。最後には殴り合いたくなる」とメンバーが衝撃発言

1982年、ノルウェー出身のモートン・ハルケット、ポール・ワークター=サヴォイ、マグネ・フルホルメンの3人により結成されたシンセポップバンド、a-ha。1985年に革新的なMVが大きな話題を呼んだデビュー曲「テイク・オン・ミー」が米ビルボード1位を獲得、ファーストアルバム『ハンティング・ハイ・アンド・ロウ』が全世界で1,100万枚以上のセールスを記録し、一気にスターダムを駆け上がった。その後もヒット曲が次々に生み出されるが、栄光の影で次第にメンバーの間に溝が生まれていく。彼らが抱いた夢、そして音楽が繋いだ強い絆とは――。本作は3人の出会い、バンドの誕生、狂騒の80年代から90年代、解散、そして再結成を経て、いまだ進化を続ける彼らの軌跡を追った感動のドキュメンタリーだ。

このたび解禁された本編冒頭映像は、ステージに上がる直前の3人別々の楽屋から始まる。観客からの大声援を受け、ステージに上がる3人。大ヒット曲「テイク・オン・ミー」をBGMに、「a-haが売ったCDは5千万枚以上」といった彼らの華やかな功績が紹介されるが、次のシーンでは一転、急にピリピリした雰囲気が漂い始める。

新曲の予定についてポールは「ニューアルバムはもう出来ている」、そしてモートンは「アルバム制作で3か月どこかへ閉じこもりリリースしたなら信じたかもしれない」と語り、スタジオに入りたくない?の質問にマグネは「ああ。ケンカになるだけだから。最後には殴り合いたくなる」と衝撃発言。3人の仲が全くうまくいっていない状況が明らかになる。

しかしながら、いまでもメンバー変更がなく、ワールドツアーをまわっていることを考えると…。この後どんな展開が待っているのか期待が高まる冒頭映像となっている。

『a-ha THE MOVIE』は本日5月20日(金)より、新宿武蔵野館 ほか全国ロードショー。

作品情報

a-ha THE MOVIE
2022年5月20日(金)より、新宿武蔵野館 ほか全国ロードショー

監督:トマス・ロブサーム、アスラーグ・ホルム
製作:イングヴィ・セーテル、トマス・ロブサーム
脚本:トマス・ロブサーム
撮影:アスラーグ・ホルム
編集:ヒルデ・ビョルンスタット
出演:モートン・ハルケット、ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン

2021年|ノルウェー・ドイツ|112分|16:9|ノルウェー語・英語・ドイツ語|5.1ch

原題:A-HA: THE MOVIE|日本語字幕:大嶋えいじ|字幕監修:勝山かほる レイティング:G

配給:クロックワークス

© MOTLYS, FENRIS FILM, KINESCOPE FILM, NEUE IMPULS FILM 2021

公式サイト https://klockworx-v.com/a-ha/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事