ロシア外務省は2022年5月21日、ウクライナ侵攻への米国による制裁への対抗措置として、ロシアへの入国を禁止する米国人リストを936人に更新。その中には俳優のモーガン・フリーマンや、監督のロブ・ライナーが含まれていることが分かった。

モーガン・フリーマン
"Morgan Freeman" by Nathan Congleton is licensed under CC BY-NC-SA 2.0.
ロシアによる米大統領選挙介入疑惑を調査するNPO・ロシア調査委員会の製作動画に出演

ロブ・ライナーは2017年にロシアによる米大統領選挙介入疑惑を調査するNPO・ロシア調査委員会を立ち上げており、フリーマンはこの委員会が製作した動画に出演。ロシアの介入についてトランプ前大統領に説明を求め、プーチン露大統領をスパイと言っている。

モーガン・フリーマンとロブ・ライナー監督は『最高の人生の見つけ方』などでタッグを組んでいる。

他にもすでにリスト入りしていたバイデン大統領はじめ、ドリームワークスのプロデューサー、ジェフリー・カッツェンバーグや、メタの創業者マーク・ザッカーバーグ、すでに死去しているマケイン元上院議員なども追加されたよう。

この件でロシア外務省は、「新植民地主義的な」世界秩序を一方的に押し付けようとする米国を抑制することが目的だと主張。ただし誠実な対話に応じる準備があると述べている。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事