7月1日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開される、テリー・ギリアム監督のコメディ映画『ジャバーウォッキー 4Kレストア版』の予告編が完成した。

前売特典は、テリー・ギリアムによるイラストに“BEWARE THE JABBERWOCKY”と書かれた“怪獣ご注意!”ステッカー

イギリス最強のコメディ集団モンティ・パイソンに唯一のアメリカ人アニメーターとして参加、『未来世紀ブラジル』(85)や『バロン』(88)、『12モンキーズ』(95)、『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』(18)などの映画を手掛けてきた鬼才テリー・ギリアムが、1977年に制作した単独初長編監督デビュー作『ジャバーウォッキー』が4K化。『ジャバーウォッキー 4Kレストア版』として公開される。

本作は、ルイス・キャロルのナンセンス詩を基にした中世ファンタジック冒険コメディ。パイソンズ・メンバーであるマイケル・ペイリンが主演を務め、とある王国を舞台に凶暴な怪獣退治に巻き込まれた青年の活躍をブラックユーモア満載で描く。

日本では1980年に小規模で劇場公開。後にビデオが発売されているがDVD化はされておらず、ファンの間では鑑賞が難しい“隠れた名作”として公開を希望する声が上がっていた作品だ。本作の大ファンであるマーティン・スコセッシとジョージ・ルーカスの出資により4Kレストアが実施され、テリー・ギリアム監督もスーパーバイザーとしてレストアを承認している。

このたび完成した予告編は、本を閉じ、目覚まし時計をセット、そして入れ歯をはずすといった、映画本編とは直接関係のない、就寝に入る人のベッドサイドの様子から始まる。

そして、ベッドサイドにあるライトを消し映像が真っ暗になった後、時計が秒針を刻む音だけが鳴り、そこに“昔、昔、あるところに、世にも騒々しい物語がありました”の文字が差し込まれる。

その後、目覚まし時計のアラームが、けたたましく鳴り響くと、映画本編のドタバタと騒々しい様子が切り取られた様々なシーンが矢継ぎ早に映し出される。

読めない速さのテロップや「めでたし、めでたし、じゃない方の物語」という文言、後半に収められている間違いだらけの注意喚起など、絶対に一筋縄ではいかず、思い通りにはならない展開を十二分過ぎるほどに予期させる。これ自体がモンティ・パイソンの作品のようであり、本編も楽しみになる予告となっている。

前売特典は、テリー・ギリアムによるイラストに“BEWARE THE JABBERWOCKY”と書かれた“怪獣ご注意!”ステッカー。販売開始は6月10日(金)となっている。

ギリアムによるイマジネーションの原点が凝縮された『ジャバーウォッキー 4Kレストア版』は7月1日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開。

作品情報

ジャバーウォッキー 4Kレストア版
2022年7月1日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開

STORY
村娘に片思い中の純朴な青年デニスはある日、樽職人だった父の死をきっかけに仕事を求めて街へ出ることになる。その一方で、とある王国では凶暴な怪獣の出現に困っていたブルーノ王が、怪獣退治が出来る屈強な騎士を探すため、トーナメント戦の大会を開催。デニスは仕事を求めて偶然ブルーノ王国に足を踏み入れるが、いつの間にかトーナメント戦に巻き込まれ……。

監督:テリー・ギリアム 製作総指揮:ジョン・ゴールドストーン 脚本:チャールズ・アルヴァーソン、テリー・ギリアム
出演:マイケル・ペイリン、ハリー・H・コルベット、ジョン・ル・メスリエール、ウォーレン・ミッチェル、マックス・ウォール、ロドニー・ビューズ、ジョン・バード、バーナード・ブレスロウ、テリー・ギリアム、ニール・イネス、テリー・ジョーンズ
1977 年|イギリス|106分|アメリカンビスタ|5.1ch|DCP|原題:Jabberwocky|字幕:落合寿和     
配給:アンプラグド 提供:是空

© 1977 National Film Trustee Company Limited. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事