ミニシアター“新宿シネマカリテ”で、真夏の7月15日(金)〜8月11日(木・祝)に開催される映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション®2022」(略して「カリコレ®2022」)で舞台挨拶が行われることが決定。さらに登壇者から熱いコメントも到着した。

『戦慄のリンク』
©伊梨大盛传奇影业有限公司
鶴田法男監督「最高に感動してます」

ミニシアター“新宿シネマカリテ”が贈る、夏の恒例映画祭『カリコレ®』では今年も真夏を彩る最新作、旧作、未公開作を続々上映。開催期間は4週間にわたり、全26作品(シークレット作品含む)が上映される。今年のオープニング作品は「J ホラーの父」と呼ばれる鶴田法男監督が中国で撮った新感覚 AI サスペンスホラー『戦慄のリンク』。クロージング作品は、世界 No.1 のインディーレーベルに上り詰めた“クリエイション・レコーズ”の創設者アラン・マッギーの波乱万丈な半生を描く『クリエイション・ストーリーズ ~世界の音楽シーンを塗り替えた男~』。

このたび決定した舞台挨拶の上映作品、スケジュール、登壇者、登壇者からのコメントは以下の通り。

「カリコレ®2022」舞台挨拶(予定)

●『戦慄のリンク』舞台挨拶
日時:7/15(金) 18:20 の回本編上映後
登壇:鶴田法男 監督

鶴田法男監督よりコメント
「中国映画では幽霊の存在を肯定して描く事は禁止されているが、本格的 J ホラーを作って欲しい」。正にインポッシブルな依頼を受けた作品が、中国 5,000 館公開の奇跡を経て「カリコレ🄬」のオープニングを飾るまでになり、最高に感動してます。

●『ザ・ミソジニー』舞台挨拶
日時:7/24(日) 12:40 の回本編上映後
登壇:中原翔子、河野知美、横井翔二郎、高橋洋 監督

『ザ・ミソジニー』
© 2022『ザ・ミソジニー』フィルムパートナーズ

高橋洋監督よりコメント
カリコレ®️2022 開催おめでとうございます。『魔鬼雨』や『刑事マルティン・ベック』と一緒で光栄です。新作『ザ・ミソジニー』は中原翔子×河野知美が強烈な個性をぶつけ合う「女」の映画です。地獄めぐりの果てに二人が見出すのは…。どうかご覧下さい。

●『福岡』舞台挨拶
日時:7/30(土) 12:55の回本編上映後
登壇:山本由貴(俳優・モデル)、隈元博樹(映画作家/カルチャー批評誌「NOBODY」編集部)

山本由貴よりコメント
『福岡』が映画館で観れること、とても嬉しく思います。撮影は2018 年の桜が満開の頃でした。チャン・リュル監督とご一緒できた時間は今も色濃く私の中にのこっていますし、その時に覚えた感覚はこれからもずっと大切にしていきたいものです。今回、みなさまと映画のお話ができることも楽しみにしております。

●『デッドライン ~「恐怖の極限」とは何か? あるホラー作家の衝撃の体験! デジタルリマスター版』トークショー
日時:8/6(土) 13:10の回本編上映後
登壇:氏家譲寿(映画ライター・ナマニク)、鈴木淳一(是空プロデューサー)

●『クリエイション・ストーリーズ ~世界の音楽シーンを塗り替えた男~』トークショー
日時:8/11(木・祝) 18:00の回本編上映後
登壇:トークイベントを準備中

開催情報

カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション®2022
開催期間:2022年7月15日(金)~8月11日(木)

開催場所:新宿シネマカリテ (〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目37-12 新宿NOWAビルB1F)
入場料金: 新作 1,600円均一(リピート割で1,300円)、旧作 1,100円均一

©2014-2022 Musashino Kogyo Co.,Ltd Tm.Musashino Kogyo Co.,Ltd.

映画祭HP http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2022

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事