全米で絶賛された家族小説をイタリアの名匠ダニエーレ・ルケッティが映画化した『靴ひものロンド』(9月9日公開)の30秒ティーザー予告編が解禁された。

「ほどいて結んで秘密が巡る」

第77回ヴェネチア国際映画祭オープニング作品、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞主要3部門ノミネートの本作は、歪な絆で結ばれた、愚かで愛おしい家族の物語。4人家族の平穏な暮らしは、夫の浮気で終わりを告げた。家を出たい夫、繋ぎ止めようとする妻、静かに見つめる子供たち。ばらばらになった家族は、ささやかなきっかけで再び一緒に暮らし始める。彼らの人生は混沌とした家族の崩壊と再生を経て続いてゆく―。

唯一無二の存在感を放つアルバ・ロルヴァケル(『幸福なラザロ』『おとなの事情』)と巨匠マルコ・ベロッキオから俊英の若手監督までを虜にする実力派ルイジ・ロ・カーショ(「いつだってやめられる」シリーズ、『夜よ、こんにちは』)が若かりし日の夫婦を、そして熟練の名優ラウラ・モランテ(『息子の部屋』)、シルヴィオ・オルランド(『息子の部屋』『ボローニャの夕暮れ』)が老年期の夫婦を演じる。イタリア映画界の実力派オールスターキャストが集結した。

今回解禁された30秒予告編は、主人公一家の姿と、タイトルにある“靴ひも”を結ぶ象徴的な場面から始まる。

物語の舞台は1980年代初頭のナポリ。懐かしさが込み上げる楽しげなダンス曲“ジェンカ”の軽やかなリズムとは裏腹に、映し出されるのは、夫婦の衝突、妻であり母であるヴァンダの怒りと涙、混沌とした数年間に起きた修羅場の数々…。

さまざまな表情をみせるアルバ・ロルヴァケル演じる妻ヴァンダを中心に、徐々に変化してゆく家族の姿、両親をしずかに見つめる子供たちの眼差しも印象的だ。忘れられない出来事を経験した彼らは、ささいなきっかけで再び家族4人で暮らすようになる。映像は「ほどいて結んで秘密が巡る」というコピーと豪華キャストの顔ぶれで締めくくられる。

30年の時を経て、ふいに蘇る思い出、夫と妻、親と子、それぞれが思い、そっと胸にしまい続けたものとは。イタリアを代表する実力派俳優陣による、奥底から溢れ出す感情のぶつけ合いに引き込まれる『靴ひものロンド』は9月9日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。

作品情報

靴ひものロンド
2022年9月9日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

STORY
1980年初頭のナポリ。ラジオ朗読のホストを務めるアルドと妻ヴァンダ、アンナとサンドロの二人の子供たちの平穏な暮らしは、夫の浮気で終わりを告げた。家族の元を去ったアルドは、定期的に子供たちに会いに来るがヴァンダはすべてが気にいらない。次第にヴァンダの精神状態は不安定になり、その行動もエスカレートしていく。衝突ばかりの両親の狭間でアンナとサンドロは母に寄り添うのだった。混沌とした数年を経て、家族は些細なきっかけでふたたび共に暮らし始めるが…。月日は流れ、冷え切った関係のまま老齢を迎えた夫婦は夏のバカンスへ。1週間後に自宅へ戻ると家はひどく荒らされ、飼い猫は失踪していた―。

監督・脚本・編集:ダニエーレ・ルケッティ『(ワン・モア・ライフ!』『ローマ法王になる日まで』)
原作:ドメニコ・スタルノーネ「靴ひも」(関口英子訳、新潮クレスト・ブックス)
脚本:ドメニコ・スタルノーネ、フランチェスコ・ピッコロ
出演:アルバ・ロルヴァケル、ルイジ・ロ・カーショ、ラウラ・モランテ、シルヴィオ・オルランド

2020年/イタリア/イタリア語/100分/カラー/シネマスコープ/原題Lacci 英題:The Ties/字幕:関口英子/配給:樂舎/後援:イタリア大使館/特別協力:イタリア文化会館

© Photo Gianni Fiorito/Design Benjamin Seznec /TROIKA ©2020 IBC Movie

公式サイト kutsuhimonorondo.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事