いよいよ7月22日(金)より公開された話題のサメ映画『海上48hours ―悪夢のバカンス―』の監督・脚本家・プロデューサーら制作陣が映画のポイントを語るメイキングインタビュー映像が解禁された。

「全世界にアピールするようなサメ映画を作ろうということになった」

本作は、シャークケージダイビングに興じる姉妹が、海底深くに落下した檻から脱出する様をスリリングに描いた『海底47m』(2017年公開)、古代マヤ文明の海底遺跡に閉じ込められた女子高生たちの決死のサバイバル劇『海底47m 古代マヤの死の迷宮』(2020年公開)の制作陣が放つ、海の恐怖を描いた新たな海上スリラー。

監督は『海底47m』と『海底47m 古代マヤの死の迷宮』でセカンドユニット監督を務めた実績を持ち『ゲットバック 人質奪還』などの監督であるジェームズ・ナンが務め、衝撃の実録ドラマ『暁に祈れ』で脚本を務めたニック・ソルトリーズが脚本を担当。

アメリカの大学生が最も羽目を外す春休み“スプリングブレイク”に、メキシコのビーチでバカンスを楽しむ大学生5人組。酔っぱらった勢いにまかせて無断で水上バイクを乗り回す彼らだったが、衝突事故を起こしてしまい、壊れたバイクで遥か海上沖を漂うことに…。友情で結ばれていた彼らを待っていたのは、回避不可能な危機的状況の数々。さらに、追い打ちをかけるように獰猛なホホジロザメが彼らを襲う! 2日間の「恋と友情のバカンス」は「サメと裏切りのサバイバル」へと化していく―。

今回解禁されたのは、本作の制作陣が撮影秘話を語るメイキングインタビュー映像。今作は、コロナ禍で世界中があらゆる面で大混乱の最中にあった2020年10月からマルタで3週間の撮影が行われた。本作でプロデューサーを務めたアンドリュー・プレンダーガストは、サメ映画が好きであるという共通点を持っていた本作の脚本ニック・ソルトリーズと「全世界にアピールするような映画を作ろうということになった」と本作制作のきっかけを振り返る。

海上を漂流する彼ら5人を襲う恐怖とサバイバルを描く中でも、登場人物たちが織りなす“ドラマ”がその恐怖に巧みに融合しているのもポイントである本作。プレンダーガストはさらに「エキゾチックなロケーションを舞台に、非常に巧みに描き出されたキャラクターが登場するサメ映画を作れば、困難な今の時代に楽しい映画を提供できると思った。みんなが楽しみ、ワクワクするような映画になったらと思う」と語る。

ソルトリーズは「製作のアンドリュー・プレンダーガストとは、プロデューサーである共通の友人を通して知り合った。それで他の企画について話していたんだが、アンドリューと初めて会ったときに聞かれたことの一つが、『サメの映画を作ったことがあるのでは?』ということだった。確かに僕は、サメの映画を1本作ったことがあった。それを彼に見せたら、気に入ってくれたんだよ。そういった経緯で、一緒に脚本を書くことになった」と振り返る。

ジェームズ・ナン監督はコロナ禍の中で行われた制作について様々な苦労を振り返り、「パンデミックの制限下に予算内で何ができるか、脚本をさらに良くするにはどうしたらいいかを考えていった。また、演じるキャストも重要だ。あとは、信じさえすればうまくいく」と語る。さらに「パンデミックはキャスティングの負担を増やした。多くの俳優がロックダウンされたロンドンからマルタの秋の太陽の下に逃げ出したいと思っていたようで、7分の尺のオーディション動画が約300本送られてきたんだ。そのおかげで、主役にふさわしい才能を見つける余地は十分にあった」などと語る。

撮影監督のベン・ムールデンは、本作を海上で身動きが取れないキャラクター達による“密室劇”だと考えていたという。「基本的にこの映画は、密室劇なんだ。海の上の水上バイクが舞台で、登場人物は3、4人。僕たちは、事前にがっちりと決めておくのではなく、流れに従って臨機応変に行こうと決めていた」などと明かす。撮影にあたり、『ロスト・バケーション』や『ジョーズ』なども参考にしたという。

本作で特に気になるのはサメの造形。本作のサメに命を吹き込んだのは、30年以上の間、映画やTV業界にサービスを提供する、世界的に認められたポスプロスタジオのリップシンクの視覚効果部だ。視覚効果部のコンサルタントを務めたポール・ドチャーティは「『ジョーズ』から『コン・ティキ』に至るまで、これまで作られた、あらゆるシャーク・ムービーを観たし、『トゥームレイダー2』のサメをパンチするシーンまで観ている。どんな方法で彼らを恐ろしい脅威に見せているか研究する為にね。視覚効果は常に進化の過程にあるプロセスで、これまでに達成されたことの上に工夫を重ねて、更に良いものを作っていく。そして、コンピューターの低価格化が、よりワクワクするトリックを可能にしてくれたんだ」と自信を込める。

『海上48hours ―悪夢のバカンス―』は新宿バルト9 他 全国公開中。

作品情報

海上48hours ―悪夢のバカンス―
2022年7月22日(金) 新宿バルト9 他 全国ロードショー

STORY
アメリカの大学生が最も羽目を外す春休み:“スプリングブレイク”。メキシコのビーチでテキーラを浴びて馬鹿騒ぎをする男女5人組は桟橋に停められていた2台の水上バイクを盗み出し、沖へ出る。やがて、チキンレースに発展し、正面衝突してしまう。1台は大破し、もう1台はエンジントラブルで身動きが取れない。しかも、仲間のひとりが足に大けがを負ってしまい、助けを呼ぼうにも携帯の電波は届かない中、浮気騒動までも発覚。そして、壊れたバイクで大海原を漂うパニック状態の彼らをさらなる危機が襲う。なんとそこは、凶暴なホホジロザメの巣窟だったのだ―。

監督:ジェームズ・ナン
出演:ホリー・アール ジャック・トゥルーマン キャサリン・ハネイ マラキ・プラー=ラッチマン トーマス・フリン
配給:ギャガ
原題:SHARK BAIT/2022年/イギリス/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/85分/字幕翻訳:牧野琴子

© Vitality Jetski Limited 2021

公式サイト gaga.ne.jp/48h/ 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事