セザール賞長編アニメーション賞受賞をはじめ、世界中で喝采を浴び、日本でも絶賛されたオーレル監督長編アニメーションデビュー作『ジュゼップ 戦場の画家』が本日8月13日(金) より、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開。このたび、オーレル監督インタビュー&メッセージ映像が到着した。宮崎駿監督をはじめ、最近観た片渕須直監督の『この世界の片隅に』などに影響を受けたことを明かしている。

© Céline Escolano
「特徴的な画風、情熱的な音楽…実に味わい深い」などと称賛の声が続々

1939年スペイン内戦により、避難先のフランスの強制収容所で難民となった実在の画家ジュゼップ・バルトリ。愛する人との再会を胸に、どんな現実も描くことで生き抜いた男の感動の実話が描かれる。メガホンをとったのは、フランスの全国紙「ル・モンド」などのイラストレーターとして活躍してきたオーレル。ジュゼップが収容所で記した鮮烈なスケッチに触発され、10年の歳月を費やして遂に本作を完成させた。このたび、「文部科学省選定(青年向き)」、「文部科学省特別選定(成人向き)」を獲得。文化も社会背景も異なるここ日本で数ある作品の中から、本作の普遍的なテーマが教育上ふさわしいものとして選ばれた。

フランスの新聞「ル・モンド」と「カナール・アンシェネ」のイラストを担当し、20冊以上の本を出版しているオーレル監督。本作で長編アニメーション監督デビューを果たし、セザール賞やリュミエール賞などヨーロッパの映画賞を総ナメし、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』片渕須直監督が審査員をつとめた東京アニメアワードフェスティバル2021でコンペティション部門長編アニメーショングランプリを獲得した。いち早く本作を鑑賞した方からは、「特徴的な画風、情熱的な音楽…実に味わい深い」、「巧みな脚本と映像的技法で魅せてくれる傑作」と称賛の声があがっている。

『ジュゼップ 戦場の画家』
©️Les Films d'Ici Méditerranée - France 3 Cinéma - Imagic Telecom - Les Films du Poisson Rouge - Lunanime - Promenons nous-dans les bois - Tchack - Les Fées Spéciales - In Efecto - Le Mémorial du Camp de Rivesaltes - Les Films d'Ici - Upside Films 2020
「漫画・アニメ大国の日本での公開は格別の思いです」

このたび、公開を前にオーレル監督からコメントが到着。難民として強制収容所で過酷な日々をおくったジュゼップ・バルトリを描いた本作。一見重くなりがちなテーマだが、オーレル監督は「収容所での暗いシーンは、映画のメインテーマではなく、ジュゼップの人生に深みを与える、一種の時代背景として描いています。有刺鉄線を越えた友情、フリーダ・カーロとの恋のシーンをより濃密なものにするためのコントラストとして描きました」と演出について語る。

かつて収容所の憲兵だったセルジュの孫であるヴァランタン。このキャラクターで表現したかったことについて、「スペイン内戦については、スペイン、フランスでほとんど語られてこなかった歴史です。セルジュの過去を通して、戦争の悲惨さを語り継ぎ、歴史を継承していくことの大切さを表現したかったのです。また、ヴァランタンを通してこの物語が進んでいくので、彼は言わば“観客の視点”を体現しているのです」とキャラクターに込めた思いを話した。

最後に影響を受けたアニメーション映画について、オーレル監督は「アニメというジャンルに縛られず、あらゆる作品からインスパイアされています。宮崎駿監督をはじめ、最近観た片渕須直監督の『この世界の片隅に』や、ケン・ローチ監督、ロベール・ゲディギャン監督の作品から影響を受けています」とコメント。

あわせて、オーレル監督のメッセージ映像も到着。「本作はデッサンがテーマなので、漫画・アニメ大国の日本での公開は格別の思いです。東京アニメアワードグランプリは光栄でした。きっと楽しんでいただけると思います。どんな感想でも、ぜひ聞かせてください!」と笑顔でメッセージを送った。

激動の時代に翻弄されながらも、友情、恋、そして画家としての人生の彩りを取り戻していく姿は、生きる希望を与えてくれる。混迷の今だからこそ語り継ぎたい、感動の実話をぜひスクリーンで堪能しよう。

関連記事
作品情報

ジュゼップ 戦場の画家
2021年8月13日(金) 、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

<STORY> 1939年2月。スペイン内戦の戦火から逃れた大勢の難民が南フランスに押し寄せる。フランス政府によって強制収容所に入れられた難民たちは、劣悪な環境のもとで飢えや病気に苦しみ、監視役のフランス人憲兵たちはことあるごとに虐待を加えていった。そんな中、粗末な小屋の壁や地面に黙々と絵を描いているジュゼップ・バルトリという画家がいた。新米の憲兵セルジュは先輩の憲兵たちの目を盗み、ジュゼップに紙と鉛筆を与え、ふたりの間にはいつしか有刺鉄線を越えた友情が芽生える。セルジュはジュゼップがスペイン脱出の際に離ればなれになった婚約者がいたことを知り、再会を夢見る切なる思いに触れ、彼女を探すのを手伝うが…。

監督:オーレル 脚本:ジャン=ルイ・ミレシ (『幼なじみ』、『キリマンジャロの雪』)
2020年/フランス・スペイン・ベルギー/仏語・カタロニア語・スペイン語・英語/74分/シネマスコープ/カラー/5.1ch/原題:JOSEP/日本語字幕:橋本 裕充

配給:ロングライド

©️Les Films d'Ici Méditerranée - France 3 Cinéma - Imagic Telecom - Les Films du Poisson Rouge - Lunanime - Promenons nous-dans les bois - Tchack - Les Fées Spéciales - In Efecto - Le Mémorial du Camp de Rivesaltes - Les Films d'Ici - Upside Films 2020

公式サイト:longride.jp/josep/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事