プライマル・スクリーム、ジーザス&メリーチェイン、オアシスなどを見出し、世界No.1のインディ・レーベルに上り詰めたクリエイション・レコーズの創設者アラン・マッギーの波乱万丈な半生を描く『クリエイション・ストーリーズ~世界の音楽シーンを塗り替えた男~』(10月21日公開)の予告編が解禁された。

「パンクであれ、つねに反抗を。世界は何だって変えられる」

90年代にロック・シーンを席巻した「ブリット・ポップ」において、オアシス、プライマル・スクリーム、ティーンエイジ・ファンクラブ、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインなど人気バンドを次々と世に送り出したクリエイション・レコーズ。「世界で最も成功したインディ・レーベル」とも言われ、メジャーに匹敵する影響力を持ったクリエイションを創設し、自分を「President of Pop(ポップの大統領)」と呼んだアラン・マッギーとは一体どんな人物なのか。その波乱万丈な半生を、製作総指揮にダニー・ボイルを迎え『トレインスポッティング』チームが映画化したのが本作だ。

このたび解禁された予告編では、伝説のインディレーベル「クリエイション・レコーズ」の綱渡りの運営、創設者アラン・マッギーのパンクで破天荒な人生の一端を垣間見ることができる。

映像は、のちのプライマル・スクリームのボビー・ギレスビーとはバンド仲間だった過去や、ギターケース片手にロンドンへと向かう夢と希望に胸膨らませる若かりし日の青春を謳歌するアランの姿から始まり、クリエイション・レコーズを立ち上げてからの反骨精神むき出しのアランの破天荒な生活とレーベル運営が、当時の音楽と雰囲気を見事に再現した映像で映し出されていく。

当時全くの無名だったオアシスとの運命的な出会いのシーンや、オアシスが世界的バンドにのし上がっていくさまにニヤついた表情を見せたり、同僚や家族に心配されたり、「どんなバンドよりも異常だ」と自らを表現したりと、まさに彼の人生の成功と破滅が凝縮された映像になっている。

製作のダニー・ボイルの名作『トレインスポッティング』を彷彿とさせる予告映像の最後は「パンクであれ、つねに反抗を。世界は何だって変えられる」と、アラン・マッギーだからこそ説得力を持ち得る言葉で締めくくられている。

『クリエイション・ストーリーズ~世界の音楽シーンを塗り替えた男~』は10月21日(金)、新宿シネマカリテほか全国ロードショー。

作品情報

クリエイション・ストーリーズ~世界の音楽シーンを塗り替えた男~
2022年10月21日(金)、新宿シネマカリテほか全国ロードショー

STORY
スコットランドで生まれ育った青年、アランはロックスターになることを夢見ていたが、保守的な父親とぶつかってばかり。地元の友人とロンドンに飛び出たアランは仲間とクリエイション・レコーズを設立する。出たとこまかせのレーベル運営はトラブル続きだったが、アランは宣伝の才能を発揮。次々と人気バンドを送り出して、クリエイションはイギリスを代表するレーベルに成長する。しかし、レーベル運営のプレッシャーや家庭問題から次第にアランは精神的に追い詰められていく。

製作総指揮:ダニー・ボイル 監督:ニック・モラン 脚本:アーヴィン・ウェルシュ&ディーン・キャヴァナー
出演:ユエン・ブレムナー、スーキー・ウォーターハウス、ジェイソン・フレミング、トーマス・ターグーズ、マイケル・ソーチャ、メル・レイド、レオ・フラナガン、ジェイソン・アイザックス
2021年/イギリス/英語/110分/原題:Creation Stories
配給:ポニーキャニオン

© 2020 CREATION STORIES LTD ALL RIGHTS RESERVED

公式サイト: https://creation-stories.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事