美食の国フランスを舞台に、世界で初めてレストランを作った料理人が起こした“美味しい革命”を描く映画『デリシュ!』がいよいよ本日9月2日(金)公開。このたび、“世界初のレストラン”誕生前夜の様子を捉えた新たな本編映像が解禁された。

「父さんなら歴史を変えられる」

本作はフランス革命と共に訪れる「食の革命」、世界初のレストラン誕生の秘密を描く爽快な人間ドラマ。1789年、フランス革命前夜。宮廷料理人マンスロン(グレゴリー・ガドゥボワ)は、自慢の創作料理「デリシュ」にジャガイモを使ったことが貴族たちの反感を買い、主人である傲慢な公爵(バンジャマン・ラベルネ)に解任される。失意を抱え、実家に帰った彼のもとに、ある日、料理を学びたいという謎めいた女性ルイーズ(イザベル・カレ)が現れる。彼女の助けと息子の協力を得たマンスロンは料理を作る喜びを再び見出し、世界で初めて一般人のために開かれたレストランを営むことになる。

今回解禁された本編映像は、予期せぬ出来事でケガを負い、寝床に伏せっていたマンスロンが目覚め、旅籠を訪れた軍人たちが食事を楽しんでいる姿を目にした直後の場面。

食事代金を手にしたルイーズが、「もうあなたに公爵は必要ない。今日のようにやればいい」と、これからの雇い主は公爵ではなくひとりひとりのお客さんだと告げる。息子のバンジャマンも「そうだよ。ここを変えよう。どんな人にも開かれた場所に。僕たちならできる」と口を揃える。

世界初のレストランに手応えを感じた 2 人は続ける。「料理をたっぷり出せばお客は幸せになるし心を込めたもてなしには金を惜しまない」「遠回りしてでも食べに来るわ。あなたの料理を」と太鼓判を押す。

興奮しきりの息子が、「パリにはボーヴィリエの店があるけど金持ちが相手だ。父さんなら歴史を変えられる。栄養を取れば人類はよりよく考え進化する」と訴える。さらに 2 人は「量に応じて値段を変えれば誰でも食べに来られる」「貴族も農民も。大テーブルに料理を並べ食べる分だけ取ってもらう」と、未来のレストランのイメージをドンドン膨らませていく。

矢継ぎ早の提案に、公爵との関係を気にしながら「神よ」と答えたマンスロンは、やっとのことで「大テーブルは反対だ」と口にする。時代が大きな変化を迎えていると感じている息子は、気球の描かれた紙を突きつけ「父さんが決めるんだ。自由に作れる。公爵はもう忘れてよ。あとは父さん次第だ。空も飛べる時代だ」と啖呵を切る。

マンスロンの反応が鈍いことに落胆したルイーズと息子の耳に、お客さんを迎える「スペースが要るな」とつぶやきが聞こえる。その声の主は、料理人としての誇りと情熱を取り戻したマンスロンだった。

1789 年、貴族と庶民が同じ場所で食事をすることが考えられなかった時代に、貴賤に関係なく誰もが気軽に食事を楽しめる世界で初めてのレストランはいかにして生まれたのか。その秘密を明らかにする映画『デリシュ!』は本日9月2日(金)より、TOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー。

作品情報

デリシュ!
2022年9月2日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開

出演:グレゴリー・ガドゥボワ、イザベル・カレ、バンジャマン・ラベルネ、ギヨーム・ドゥ・トンケデック プロデューサー:クリストフ・ロシニョン & フィリップ・ボエファール
監督:エリック・ベナール 脚本:エリック・ベナール、ニコラ・ブークリエフ 撮影:ジャン=マリー・ドルージュ 音楽:クリストフ・ジュリアン 
2020/フランス・ベルギー/フランス語/カラー/シネマスコープ/5.1ch/112分 原題:DÉLICIEUX 配給:彩プロ

©︎2020 NORD-OUEST FILMS―SND GROUE M6ーFRANCE 3 CINÉMA―AUVERGNE-RHôNE-ALPES CINÉMA―ALTÉMIS PRODUCTIONS

公式サイト https://delicieux.ayapro.ne.jp 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事