最高傑作『ホワイト・アルバム』を生んだインド滞在期のビートルズと奇跡の8日間を過ごしたポール・サルツマン監督によるドキュメンタリー『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』(9月23日公開)の本編映像が解禁。1968 年、ザ・ビートルズとの奇跡の出会いから約半世紀、当時23歳だった青年が再びインドへと旅立つシーンが収められている。

「ビートルズは何も説かなかった。だがパワーをくれた」

1968 年、23 歳のポール・サルツマン監督は、失恋の傷を癒しに北インドのガンジス川のほとりにあるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーのアシュラム(僧院)の門を叩く。そこで思いがけず出逢ったのは、世界的ロックバンド「ザ・ビートルズ」のジョン、ポール、ジョージ、リンゴの 4 人だった。サルツマンが瞑想を学びながら、カメラに収めたビートルズと過ごした奇跡の 8 日間が、50 年以上の時を経て初めて明かされる。

今回解禁されたのは、約半世紀の時を越えて、ポール・サルツマン監督が再びインドへと向かう場面を収めた本編映像。

トロントからリバプールへ、監督が最初に向かったのは、1968 年に彼が撮影した写真が飾られているザ・ビートルズの博物館「ビートルズ・ストーリー」だ。写真を確認した後、白いピアノに丸眼鏡が置かれ名曲「イマジン」が流れるジョン・レノンのコーナーでは、「ジョンと過ごしたのは…たったの1週間… 8日間だがとても優しく接してくれた」と振り返る。4人は「本当の兄弟のようだった。固く結ばれた家族だ。彼らの音楽と喜びにあふれていた。すばらしい4人だった、最高にね」と4人の素顔を今も鮮明に覚えている。

監督のインド再訪に同行するのはザ・ビートルズ研究の権威マーク・ルイソン。ムンバイに到着したふたりはジョージがレコーディングを行ったスタジオがあった場所に立つ。マハリシの僧院があるリシケシュに向かう列車に乗り込むと、「彼らはだれの意見にも惑わされなかった。確かなセンスで自分たちの音楽センスを見極めそれが世界中で支持された。今も色あせないのは純粋で嘘がなく、そしてこれが最も重要な要素だが、人為的な部分がないことだ」と、今もなおザ・ビートルズが世界の人々を魅了し続ける理由を語る。

マーク・ルイソン

そして「ビートルズは何も説かなかった。メッセージを読み取ったならそれは思い込みだ。彼らは自分たちの音楽を作っていただけだからね、だがパワーをくれた。自ら考え表現する力を与えてくれた」と、自分たちの感性で数多くの名曲を通して、今も影響力を保ち続けている奇跡について言及する。

インド滞在期にザ・ビートルズが作った曲は、公称 30 曲と言われているが、アップル関係者によると 48 曲という説もある。本編にはルイソンがジョン・レノン・ミュージアム(現在は閉館)のカタログを取りだし、ジョンが残したメモを確認する場面もあり、日本のファンには嬉しい場面となっている。

ポール・サルツマン監督とマーク・ルイソン、インドを訪れたふたりが何を発見するのか。この先は本編で確かめてみよう。

ポール・サルツマン監督とマーク・ルイソン

『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』は9月23日(金・祝)全国公開。

作品情報

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド
2022年9月23日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺、新宿バルト9ほか全国順次公開

STORY
1968年、23歳のポール・サルツマン監督は、失恋の傷を癒しに北インドのガンジス川のほとりにあるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーのアシュラム(僧院)の門を叩く。そこで思いがけず出逢ったのは、世界的ロックバンド「ザ・ビートルズ」のジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人だった。サルツマンが瞑想を学びながら、カメラに収めたビートルズと過ごした奇跡の8日間が、50年以上の時を経て初めて明かされる。

監督・脚本・製作:ポール・サルツマン ナレーション:モーガン・フリーマン 製作総指揮:デヴィッド・リンチ
出演:デヴィッド・リンチ、パティ・ボイド、ジェニー・ボイド、マーク・ルイソン、ルイス・ラファム、ローレンス・ローゼンタール、リッキ・クック、ハリプラサード・チョウラシア、デヴィアニ・サルツマン 2020年/カナダ/英語/79分/カラー/1.78:1/5.1ch
原題:Meeting The Beatles in India 字幕:大西公子 字幕監修:藤本国彦 配給:ミモザフィルムズ

© B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

公式サイト http://mimosafilms.com/beatles/ 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事