故ジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた幻の未発表映画『アミューズメント・パーク』の本編より特別映像が解禁された。ジェットコースターに乗った老人が恐怖の形相を浮かべ、その後の展開を暗示するような映像だ。

まわりの笑顔とは対照的に老人はその恐怖から抜け出すことができない

『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968)『ゾンビ』(1978)などゾンビ映画の第一人者であり、ホラー映画の巨匠、2017年に他界した故ジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた幻の未発表映画『アミューズメント・パーク』が、半世紀を経て日本初公開。また本作の公開を記念して同じジョージ・A・ロメロ監督作品『ザ・クレイジーズ』(73年)、 『マーティン/呪われた吸血少年』(77年)も劇場公開される。

このたび解禁されたのは『アミューズメント・パーク』の本編からの特別映像。「未知を恐れるな」の看板から始まるジェットコースターの映像だ。

ゆっくりと登りはじめるジェットコースターに楽し気に余裕もある老人だが「急降下するぞ!」「下に滑り落ちる!」の声の後、「きゃー」というまわりの悲鳴とともに、老人の顔は強張り、恐怖の形相に変わる。まわりの笑顔とは対照的に老人はその恐怖から抜け出すことができない。

人生は山あり、谷あり、まるでジェットコースターのようであり、この短い映像から何かを感じ取ることができるのではないだろうか。あらすじが「遊園地で老人が罵られ、大変な目にあう」という本作、このジェットコースターの後にたいへんな事態になるのだろうか。とにかくすさまじい肩の落ち方からしていたたまれなくなる、この世の孫たちは心を破壊される可能性のある映画であることは間違いない。

本作はもともと年齢差別や高齢者虐待について世間の認識を高めるためにルーテル教会がロメロに依頼した企画だったが、出来上がった作品は老人の悲惨な状況が容赦なく映され、そのあまりにもストレートに当時のアメリカ社会を描いた内容に依頼者は慄き、封印されていた。

ロメロがある意味での教育映画を撮っていたという希少性。ホラー映画ではないがロメロの視点で現実を映し出した貴重な作品であり、半世紀封印されていた幻の作品だ。

作品情報

アミューズメント・パーク
2021年10月15日(金)より新宿シネマカリテにて、ほか全国順次公開

監督:ジョージ・A・ロメロ
出演:リンカーン・マーゼル
1973年/アメリカ映画/53分/原題:THE AMUSEMENT PARK
キングレコード提供 ビーズインターナショナル配給

©2020 George A. Romero Foundation, All Rights Reserved.

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事